28日巨人対横浜戦が東京ドームで行われ、

9対2で巨人が長野選手の4安打の大活躍などで勝利し、横浜戦勝ち越しを決めた。

試合は巨人先発トーレス、横浜先発リーチの投げ合いで始まり、

3回に横浜が1番下園選手のホームランで先制すると

5回にも1番下園選手のタイムリー2ベースで追加点を上げた。

しかし巨人はその裏3番ラミレスのタイムリーなどで逆転に成功し、

8回には途中出場の古城選手、4番長野選手、5番由伸選手の連続タイムリーで

5点を追加して勝利した。これで巨人は後半戦最初のカードを勝ち越し幸先の良いスタートを切った。
4番が確り打つと打線も機能するという試合だった訳だけれど、

今のチーム状態を観れば4番の長野選手の起用は当たっている訳で、

小笠原選手が控えに回るのはある意味仕方ない事でもある。

やはり1番重要なのは確りボールを選ぶ事でチャンスを繋ぐ事の重要性だ。

規定打席に到達している選手を観ると四死球の少なさが気になる。

特にラミレス、坂本選手は少な過ぎるゆえに坂本選手の1番打者として出塁率が

3割届くか届かないかという数字では打線の得点力が低下してしまうのは仕方ないのかな?

と感じるし、本来1番打者は打率が低くても出塁率が高ければ

役割を果たす打順だけに改善点としては

出塁率の高い選手を1番に起用する必要性があるのだと思う。

打数が少なくなれば打率も自然と上昇するだけに四死球をもっと打者は重視してほしい。

次はヤクルト戦という事でここで確り勝ち越して

少しでも借金返済が早まるようにしてほしいところだ。