24日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第28話を視聴した。

今回は拾が生まれた事により秀次が邪魔になった秀吉は秀次を追放しようと企む。

それを感じた秀次は次第に冷静さを失い江の話も届かなくなっていた。

そんな中家康が上洛し、秀次と面会する。

面会後秀忠に何かあれば太閤に付けと言って江戸に戻った。

そして数か月後秀次は秀吉の策略により高野山へ追放となり、

それを止めようと江も動いたが止める事ができず秀次は切腹を命じられた。

そして江もまた今度は秀忠に嫁に行けと秀吉に通告を受けるシーンがメインだった。
ストーリー

秀吉は伏見に新たな城を築き、淀と拾を迎え入れた。

そんな秀吉のあからさまな溺愛ぶりに、

関白・秀次は自分が排除されると恐れ、酒とタカ狩りで気分を紛らわす。

江は、そんな秀次が心配でならなかった。
 
そこへ、家康が秀忠を伴って訪れる。

しかし、それは秀次のご機嫌うかがいを装った偵察だった。

以上NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」HPより


今回はついに秀吉は身内に手をかける事になる。

この時代には身内すら敵という認識だから驚く事じゃないんだけれど、

これまで身内を重宝してきた秀吉にとって

さすがに拾が生まれた事により正気じゃなくなっていた事は間違いない。

ただこの時点で秀長も秀勝も亡くなり、

大将として立てられるのが秀次しかいなかっただけに、

ここで秀次を殺さなければ秀吉の死後違った展開になっていた事だけは間違いないだろう。

この状況に秀次も次第に恐れるようになり家康などの大名を取り入れようとする。

しかし家康は何かあれば秀吉につけと秀忠に指示するあたりはさすがだという事だ。

ここで誰につけば間違いないかをよく解っている。

そして秀次の身を案じた江もまた秀次の言動や行動を監視したが、

結局秀吉は強攻策で秀次を追放し、高野山で切腹を命じ、

そればかりか、その親族全てを虐殺するという悪行に出た。

自分の親族も排除する所に秀吉の正気じゃない状況が垣間見れる。

それだけでなく聚楽第も解体させている。

その悪行の数々にさすがの江もついに秀吉を見放した。

ただ秀吉は最後まで江を利用しようと今度は秀忠に嫁げと告げたのだった。

次回はついに秀忠に嫁ぐ事になるが、その代わり江は完との別れの時も迎える。

果たして江はこの別れをどう受け止める事になるのか?

その別れと嫁入りに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2011-05-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中
著者:田渕 久美子
販売元:日本放送出版協会
(2010-11-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)
著者:福田 千鶴
販売元:中央公論新社
(2010-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」
アーティスト:TVサントラ
販売元:ポニーキャニオン
(2011-02-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る