10日スタートのドラマ「華和家の四姉妹」を視聴した。

このドラマは“モテ男” のパパと、パパの愛を疑わずに一途に愛を貫く少女のようなママ。

そんな嘘のような鉄壁の夫婦が育て上げた “華和家の四姉妹” は、

未婚に離婚、婚活、彼氏ナシと、なぜか呪われた男運の四姉妹。

その中でも、次女の竹美は、離婚を繰り返して出戻り、

かつ3人の子持ちという “問題児” が繰り広げるドタバタコメディである。

4姉妹ともそれぞれの個性があり、

それぞれタイプが全然違うがその中でも次女の問題児及び悪魔ぶりは

何時も警察沙汰になるほどの騒動が毎回続く事になりそうだ。
まあ一応JINから南極物語への中継ぎという感じでレビューしますけれど、

これだけ違った四姉妹も珍しいんだけれど、それぞれの恋愛模様もあれば、

唯一結婚と離婚を二度繰り返している問題児が繰り広げる

ドタバタ劇がこのドラマのメインとなりそうだけれど、

その中で四人の恋愛模様も見どころの一つとなりそうだ。

そんな第一話は三度目の結婚をしようとしたが

またも男運に恵まれず実家に戻る事になり、

四姉妹が久しぶりに揃った事で繰り広げられるドタバタ劇の始まりだった。

キャスト

華和竹美演じる観月ありさ

華和桜子演じる貫地谷しほり

華和うめ演じる川島海荷

益子正三郎演じる加藤成亮

華和大悟演じる遠藤憲一

華和幸子演じる宮崎美子

華和藤子演じる吉瀬美智子

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

やたらと女性にモテる父・大悟と、夫に一途な母・幸子のもとで育った華和家の四姉妹は、

ことごとく男運がない。

なかでも次女・竹美 は “男ゴロシ” の異名を持ち、離婚を繰り返すトラブルメーカー。

その日も3度目となるはずだった結婚に失敗し、

3人の子供を連れて実家に戻ってきた。

未婚の長女・藤子、婚活中の三女・桜子、彼氏のいない四女・うめは、

竹美を 「 魔性の女 」 「 華和家の恥 」 と罵り、同居に反対する。

だが、姉妹たちの罵声など我関せずの竹美は、

派遣社員として桜子の会社の受付嬢に。

同僚のセクハラ被害をめぐって、ひと騒動を巻き起こす。

以上TBS華和家の四姉妹HPより


今回は竹美が三度目の結婚をしようとしたが、

その男が籍を外しておらずその妻が自殺未遂を図ろうとしたところから始まった。

この時点で相当ドタバタ劇の始まりだけれど、

そこから結婚が破談になった事で実家に戻ってくるところから

華和家の日常が変わってしまう。

特に藤子、桜子、うめは竹美が戻ってくることで悪魔の始まり

という事を語っているほどだからね。

そして早速大音量でエクササイズを始める竹美に起こされる姉妹たち・・・

まあいくらなんでも音量大き過ぎでしょう!

そしてハローワークに行った途端列を堂々と避けるってね・・・

いくらなんでもオーバーなんじゃないか?

そしてさらに色々な同情でいきなり受付嬢が決まるなんて・・・

やっぱりルックス全てですか!という感じた。

しかも運が悪い事に派遣先は桜子が務める会社だった。

確かにあのような姉が突然務める会社に来たらそれはね・・・

肩身狭いでしょう。

しかも桜子には過去に竹美によって男を獲られたという過去があり、

険悪ムードが漂っている。

そんな歓迎会に竹美は会社の男たちに誘われるが、

桜子は同僚と偶然撮影で出会ったカメラクルーの面々と飲む事になった。

そして桜子は飲み過ぎて記憶が・・・

まあ時として記憶を失う人はいますからね。

そして桜子が目を覚ますと隣には・・・イケメンのカメラマン正三郎が裸で寝ていた。

まあ桜子は酔うと勢いで寝てしまうところがあるようだが、

さすがに正気に戻った桜子は不覚とばかりにそそくさと自宅へ戻った。

そんな頃同じ派遣先で働いていた受付嬢が桜子の上司からセクハラを受けていた。

それを知らずに竹美が助けるが、翌日その受付嬢は上司に首を宣告された。

必死で引き下がる受付嬢に上司は代わりはいくらでもいる!

と言った途端後ろから竹美が一発殴り飛ばした。

それが発端で竹美は警察へ出頭したが、

受付嬢はその場で上司にセクハラされていた事を告白し、上司は左遷確実らしい。

そして竹美はなじみの刑事から情状酌量で釈放され、大悟に叱られたのだった。

初回としては色々ドタバタ劇を繰り広げてくれたけれど、

四姉妹の恋愛を追いかけるには少し色々と語らなければ

ならなくなるのでひとまず今回は桜子中心にしたけれど、

桜子の恋がメインになりながら展開し、

そこに竹美が色々絡んでいくような感じだ。

うめの片思いも注目したいところだが、こちらの展開はまだまだ先のようだ。

藤子はさすがキャリアウーマンという感じでその凄腕ぶりがメインとなりそうだ。

次回は竹美の元に二番目の夫が現れる。

果たしてどうして二番目の夫が現れたのか?

そして竹美はそれをどう受け止めるのか?

そのドタバタ劇に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

華和家の四姉妹(1) (モーニングKC)華和家の四姉妹(1) (モーニングKC)
著者:柴門 ふみ
販売元:講談社
(2006-07-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


華和家の四姉妹(2) (モーニングKC)華和家の四姉妹(2) (モーニングKC)
著者:柴門 ふみ
販売元:講談社
(2007-05-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


華和家の四姉妹(3) (モーニングKC)華和家の四姉妹(3) (モーニングKC)
著者:柴門 ふみ
販売元:講談社
(2007-08-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


華和家の四姉妹(4) (モーニングKC)華和家の四姉妹(4) (モーニングKC)
著者:柴門 ふみ
販売元:講談社
(2007-11-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


華和家の四姉妹(5) <完> (モーニングKC)華和家の四姉妹(5) <完> (モーニングKC)
著者:柴門 ふみ
販売元:講談社
(2008-07-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る