2日ドラマ「高校生レストラン」最終話を視聴した。

今回は3年生の引退が近づき、それぞれの進路が決まり始めていた。

宏が作ったセンパイの店のオープンが決まり、

何人かその店に就職が決まり、その他の部員も就職先が決まった。

しかし部長の中村、陽介ら5人はまだ進路が決まっていなかった。

そんな中新吾に名古屋に新しい店を出すから店長にならないかという誘いを受ける。

そんな中宏は2年生の提案で高校生レストランを

就職のプレゼンの場にしてはという提案に乗って各地から企業を集めた。

そしてプレゼンが始まったが、味は普通と言われたが、確かなアピールができた。

そして陽介を連れて東京の店に顔を出した新吾は今後の決断を告げて、

陽介を店に就職させたいと申し出る。

そして陽介は東京で修業に出る事が決まり、部長の中村もホテルへの就職が決まった。

そして最後の3年生の引退式でそれぞれの言葉を述べて

3年生が引退したシーンがメインだった。
ストーリー

新吾のもとに、

前に勤めていた料亭のオーナー・風間から連絡が入る。

名古屋に新しい店を出すので、ぜひ店長になって欲しいという。

「そろそろいいだろう、高校生を育てるのは」という風間の言葉に、

新吾は返事を保留する。

一方、調理クラブでは3年生たちの進路が次々に決まっていた。

岸野が奔走した「せんぱいの店」にも数名の部員の進路が決まっていた。

だがまだ陽介ら5人の進路が決まっていない。

陽介は新吾のように、東京の料亭で修業したいと考えていた。

進路の決まらない先輩たちのために、真衣は

「何か自分たちにできることはないか」と考える。

真奈美が

「先輩たちの料理を就職先の会社の人たちに食べてもらえないか」と言い出し、

岸野は「それや!」と飛びつく。そして岸野はレストランに

県内外の調理関係会社や店のオーナー、ホテル関係者などを招待して

料理を食べてもらう“プレゼンテーション開店”を行うことにする。

新吾にももちろん異存はなかった。

岸野は先輩想いの後輩を育てた新吾に改めて感心する。

だが新吾は岸野に、風間から誘いがあることを言い出せなくなっていた。

そして“プレゼンテーション開店”当日。

新吾はすべてを生徒に任せ、様子を見守ることにする。

緊張のなか料理を間違って出したり、お客様からの質問に詰まる生徒もいた。

が、そのたびに彼らはお互いをフォローし合い、なんとか切り抜けていく。

閉店後、新吾は客からの感想をみんなに伝えた。

「料理の味はそれほどでもないという意見が多かった」

……新吾の言葉に落胆する生徒たち。しかし新吾はこう続けた。

「みなさん大変に褒めてくださった。お前たちの一生懸命な姿が伝わったんだ」

――なんとホールでの接客ぶりを評価したホテルの関係者から、

卒業したら雇いたいというスカウトもあった。

感激のあまり泣き出した生徒たちを見て、

新吾は彼らを心から愛おしく感じている自分に気づく。

その夜、新吾が料亭から誘われていることを知った岸野は、新吾に言う。

「お前は、自分の夢を叶えろ」――果たして新吾の下す決断とは?

東京で修業をしたいと願う陽介の夢は叶うのか?

以上日テレHP高校生レストランより

今回はいよいよ3年生が引退する事になり、それぞれの進路先が決まり出していた。

中には料理の道ではない道を選択する者もいたが、

なかなか料理での就職口がないのが現実だった。

まあなかなか外食業界は厳しいですからね。

そしてそんな新吾にも東京の店から名古屋の店長にならないかという誘いを受けていた。

新吾は迷ったもののここで大切な事を見つけた事である決心をする。

そんな中2年生から高校生レストランで就職に繋がらないか?

という提案を受けた宏は2年生の提案を受け入れ、

各地の企業から人事担当者を集めた。

そしてプレゼンの当日色々なミスはあったものの、

味こそ普通だったが、真剣な取り組みは人事担当者は認めたのだった。

確かにせっかくアピールする場があるのにね・・・

そして新吾は陽介を連れて東京の店に連れて行き、

陽介を東京の店で働かせてほしいと頼んだ。

一度厨房に入った陽介だったが、

レベルの違いに愕然としながらも新吾が

これまで教えた基礎ができているという事で採用が決まった。

そして3年生の引退の日にそれぞれが

これまでの事を述べて引退式が終わったのだった。

色々な事をわずか数か月で大きな経験をした

部員たちは確かに色々な困難に直面したけれど、

その中で大切な事とここでしか経験できない事を

経験した事は今後の人生に大きな影響を与える事は間違いない。

その答えに辿り着くのは先だけれどね。

そして新吾もここで部員たちから色々な事を学び、

ここで教師として高校生レストランを続ける決心をした。

まあこれで高校生レストランが終わりじゃないし、

また新入部員が入ってきたら新しい歴史を作らなければならないからね。

総評として、高校生レストランは実在するという事で、

実際と多少異なった部分はあるだろうけれど、

ドラマの描き方としては実に纏まった作りになっていた。

この時間枠を3年ぶりに取ったけれど、

その取っただけの価値は十二分にあったと言って良いし、

こういうドラマは最初から最後まで安心して観ていける。

それぞれの葛藤を上手く描かれたドラマだった。

次回はこの枠でのレビューはしませんが、

またこういう良質なドラマに出会えそうな時は

レビューをしますのでその時までこの枠はお別れとなります。

ただ他の枠ではドラマレビューはしますのでよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

高校生レストラン、本日も満席。高校生レストラン、本日も満席。
著者:村林 新吾
販売元:伊勢新聞社
(2008-03-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


高校生レストラン、行列の理由。高校生レストラン、行列の理由。
著者:村林新吾
販売元:伊勢新聞社
(2010-11-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


高校生レストランひみつのレシピ高校生レストランひみつのレシピ
著者:三重県立相可高等学校調理クラブ
販売元:伊勢新聞社
(2009-03-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


日本テレビ系土曜ドラマ「高校生レストラン」 オリジナル・サウンドトラック日本テレビ系土曜ドラマ「高校生レストラン」 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
販売元:バップ
(2011-06-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る