26日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第24話を視聴した。

今回は秀吉が北条攻めで勝利した事で天下統一を成し遂げた。

その中で秀吉は家康に所領を関東への国替えを命じ、

家康は拠点を関東に移す事になった。

それを知った江は傲慢さを増す秀吉に対して批判を展開するが、

秀吉はさらに傲慢になっていく。

そしてそんな矢先に秀長が病で亡くなり、

秀吉の暴走はますます拍車が掛かり、

朝鮮からの使者に対しては宣戦布告をし、明を攻めると告げた。

そしてさらに利休との決定的な決別宣言に

秀吉はついに利休に切腹を命じるシーンがメインだった。
ストーリー

北条攻めで勝利に終わった秀吉。

論功行賞として、家康に対し、所領を加増すると見せかけて関東への国替えを命じる。

大名としての力を大きくそがれる非情な裁定を受け入れ、

家康は新たな拠点となる江戸へ旅立つ。

一方、江は、傲慢さを増す秀吉を公然と批判。

茶頭辞任を申し出た利休を案じ、秀吉の甥(おい)・秀勝に相談するが…。

以上NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」HPより


今回は秀吉が北条に勝利した事により天下統一が実現した。

それにより秀吉は論功行賞でそれぞれの大名に恩賞を与えたが、

その中で秀吉は家康に関東を与える替わりに

三河、遠江、駿河、信濃、甲斐を没収された。

基盤を1から作らなければならない家康にとっては痛い国替えとなったけれど、

逆に広い関東を手中にできた事で江戸の開発には相当なやる気を漲らせた。

ここから江戸幕府の基盤となる軸ができる訳だけれど、

確かに地理的には遠くなるものの、

逆に秀吉の目から離れて国造りを行える事は大きなメリットがあった。

しかしそれを知った江はこれに対してもう抗議をするが、

秀吉は聞く耳を持たなかった。

そんな中秀吉は朝鮮から来日した使節団に明に攻めるから服属しろを脅迫する。

まあ国の規模を知らない秀吉にとっては

これが受け入れられると思っていたかはともかく、

明へ攻めるという時点で相当な無理があったのは言うまでもないが・・・

そしてそれを止めようとしていた秀長の病で倒れ帰らぬ人となってしまった。

秀吉にとって秀長は右腕のような存在だっただけに

この死が大きく秀吉を左右する事になったのは間違いないところだ。

そしてその直後に今度は利休が秀吉の標的となり、

利休は秀吉の茶を立てたくないと申し出て、

秀吉は利休に切腹を命じたのだった。

次回は利休が切腹し、秀吉は朝鮮出兵へと動き出す。

そして江は次の嫁ぎ先である秀勝の妻となる。

果たして江は秀勝との短い夫婦生活とは?

そして秀吉にもい不幸が迫る。

その大荒れの展開に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」
アーティスト:TVサントラ
販売元:ポニーキャニオン
(2011-02-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2011-05-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江 姫たちの戦国(2) (KCデラックス)江 姫たちの戦国(2) (KCデラックス)
著者:暁 かおり
販売元:講談社
(2011-04-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中
著者:田渕 久美子
販売元:日本放送出版協会
(2010-11-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)
著者:福田 千鶴
販売元:中央公論新社
(2010-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る