24日阪神対巨人戦が阪神甲子園球場で行われ、

4対2で阪神が1番マートンの3打点の活躍で勝利し、

巨人はリーグ戦再開を白星で飾る事ができなかった。

試合は阪神先発岩田投手、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

初回に阪神が5番ブラゼルの犠牲フライで先制すると、

2回には1番マートンのタイムリーで追加点を上げる。

しかし巨人も3回に2番亀井選手のタイムリー2ベース、

4番ラミレスのタイムリーで同点に追いついた。

しかし阪神は4回にまたも1番マートンのタイムリーで2点勝ち越し、

5回以降両チームともチャンスを作れず、

最後は抑えの藤川投手が抑え阪神が接戦を制した。

これで巨人はリーグ戦再開を白星で飾れず打線の課題がまだまだ残された感じだ。
リーグ戦が再開されそれぞれのチームが交流戦で抱えた課題をどう解消していくのか?

というところだが、巨人は投手陣こそ目途が立ったものの、

打線がやはり昨年前の野球から抜け出せずにいる。

この試合でも打線が繋がった時は良いけれど、

それも連打で繋げる以外の攻撃が必要だが、

この打線を見ると8番に藤村選手を起用する事で下位打線は殆ど期待できない。

一方上位打線は打撃は良いだろうけれど、子細工が難しい打線でもある。

そこをどう捉えていくかがこれからの課題だが、

3回以外の攻撃はヒットを活かす事ができていないだけに1本のヒットもそうだが、

四球を選ぶように心がブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。けてほしいところだ。