14日巨人対千葉ロッテ戦が東京ドームで行われ、

1対2で千葉ロッテが延長戦を制して3連勝とし、巨人は交流戦負け越しが決まった。

試合は巨人先発グライシンガー、千葉ロッテ先発大谷投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスのタイムリー2ベースで1点を先制するが、

4回に千葉ロッテが6番福浦選手のタイムリーで同点に追いつき、

両チーム無得点もまま迎えた延長10回千葉ロッテが

代打金泰均の犠牲フライで勝ち越した千葉ロッテが

最後は薮田投手が抑えて千葉ロッテが3連勝とした。

これで巨人は交流戦負け越しが決まり

残り3試合でリーグ戦への課題を見つける事になった。
投手戦で競り負ける試合が続くと1点の重みを痛感するのだが、

やはり今まで大味な打撃と大味な野球に終始してきた

巨人にとって国際球に適応した統一球になった事で

これまでの大味な打撃が通用しなくなった。

その反面投手陣はそれなりに防御率は上がっているのだが、

やはり確りした選球眼とボールを捉えるミートする技術を

確り見直さなければならないという事だ。

巨人に来た選手は以前所属したチームより四球の数が減ってしまう傾向があり、

確りボールを選ぶ事こそこれから局面を打開する1つになるだろう。

1人1人打者が粘る事で次第に好球を捕らえる事に繋がる。

打者1人1人が確りボールを観る事こそ打撃不振を抜け出すチャンスだと思ってほしい。

残り3試合その課題に取り組んでリーグ戦でのキッカケにしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。