11日Jリーグ11第14節1日目が行われ、

アルビレックス新潟はホーム東北電力ビックスワンで4位サンフレッチェ広島と対戦し

0対1で終了間際にFW佐藤寿人の1発に沈みホーム2連敗となり

2勝4分3敗勝ち点10得失点差-1で暫定11位以下に後退した。

五輪代表でヨンチョル、鈴木、酒井高徳が抜ける前の試合で勝ち点を拾えず、

厳しい5連戦の幕開けとなった。
1か月ぶりのホームという事もありここから5連戦の始まりであり

ここから中断期間なしでの戦いが続く。

特に新潟の場合は五輪代表でレギュラー3人を欠いて

戦う事になるために本当の意味で試される試合が続く。

ヨンチョル、鈴木大輔、酒井高徳の3人が選ばれたけれど、

3人ともレギュラーだけにチームとしては戦力ダウンになる。

ただ新潟にとっては3人も五輪代表に送り出すという事は

チームの成長を意味するだけに五輪代表で戦う事=選手チームの成長と捉える。

その間代わりの選手が頑張る事になるが、

いる時だからこそ何とかしたいところだったが、

攻撃的な面守備的な面について課題もまだまだ多く、

得点源と起点をどうするべきか?

そして鈴木、酒井高徳を欠くディフェンス陣をどうするべきか?

その点を踏まえながら試練の5連戦初戦を振り返りたい。

アルビレックス新潟のフォーメーションは4−2−3−1

GK東口

DF

右SB酒井高徳 CB鈴木 CB千葉 左SB石川

MF

ボランチ 小林 本間

右SH藤田 トップ下ミシェウ 左SHヨンチョル

FWロペス

久しぶりにベストメンバーが揃ってスタートした。

試合は前半から両チーム一進一退の攻防が続き、

新潟は積極的にミドルシュートを放つ。

この姿勢は実に寄っただけに今後続けてほしい。

しかし代表GK西川の前に牙城を崩せない。

広島のフォーメーションは3−4−2−1なんだけれど、

このフォーメーションは攻撃時には4−1−5に変わる。

つまり最終ラインからパス1本でつなぐ故に中盤が必要としない。

3バックは左サイドバックに1人入り、ダブルボランチは1人が右サイドバックに入り、

ボランチはアンカーとなる。

これが守勢時は逆に3バック=5バックとなり最終ラインは堅い守りを形成する。

セットプレーやカウンターで崩さない限り簡単には破られないフォーメーションだ。

前半はヨンチョルが復帰した事で数多くチャンスを作り、ゴールを狙った。

藤田もSHに上がった事でクロスの精度が上がりチャンスも作った。

ロペスも機能していたが、ミシェウが故障の影響で精彩を欠いて前半を折り返した。

後半新潟はFWミシェウに代えて、FW川又を投入して完全2トップにする。

後半両チームそれぞれチャンスを作りゴールを狙う展開、

新潟もスタミナを考慮してMF小林に代えてMF三門、

MFヨンチョルに代えてMF田中を投入したが

後半終了間際にパスミスから奪われたボールを

最後はFW佐藤寿人に決められ万事休す。

結局新潟はドローに持ち込めず5試合勝ちなしとなった。

久しぶりにベストメンバーを組めた事はまず収穫と言って良いだろう。

やはりヨンチョルがいると攻撃に厚みが生まれて

これまでシュートを打てなかったシーンも打てていただけに

攻撃の形はできていた。

ただこの試合でもそうだけれど守られてしまうと

打開できないシーンが目立ち、FKを有効に活かせたシーンも多くなかった。

昨年までは苦しい時にマルシオのFKで打開したシーンも多かったけれど、

キッカーが藤田になってからはマルシオを比べるのは酷とわかっているが、

やはり今季の課題部分である。

最後の田中のFKは面白かっただけに

3人が抜けるこの後の試合で先発で使うと面白いかもしれない。

守備面についても最後のカウンターだけであって

最初から崩された訳じゃなかったので

最後まで粘りの守備を続ける事ができるかが今後の課題になる。

全体的には悪かった訳じゃないのでネガティブになる必要はないが、

ゴールが日に日に遠くなっているのが多少なりとも気になる。

特にヨンチョルが不在の3試合については

攻撃陣の入れ替えが不可欠なので木暮、田中、川又を上手く使っていきたいところだし、

藤田を高徳不在の右サイドバックに戻して攻撃に厚みを持たせたい。

4試合とも厳しい相手ばかりだがここを乗り切れば浮上のキッカケを掴めるだろうし、

若手が成長する事に結びつくはずだから

この厳しい戦いを前向きに捉えたいところだ。

次節は王者名古屋相手だが今季波に乗れていないだけに

確り守れば勝機は十分あるはずだから粘り強い戦いをしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

アルビレックス新潟プレビュー開幕編2011アルビレックス新潟プレビュー開幕編2011
販売元:ニューズ・ライン
(2011-02-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


JリーグオフィシャルDVD アルビレックス新潟 2010シーズンレビューJリーグオフィシャルDVD アルビレックス新潟 2010シーズンレビュー
出演:アルビレックス新潟
販売元:video maker(VC/DAS)(D)
(2011-03-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る