23日巨人対オリックス戦が東京ドームで行われ、

1対4でオリックスが途中出場の山崎選手の勝ち越し3ランと寺原投手の完投で勝利し、

巨人は同一カード2連敗で交流戦の貯金を使い果たし5割となった。

試合は巨人先発澤村投手、オリックス先発寺原投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が5番阿部捕手のタイムリーで先制する。

澤村投手は3回まで0に抑えたが、

4回に7番大引選手のタイムリーで同点に追いつかれたが7回まで1失点に抑えた。

しかし打線が先発寺原投手を捉えられず、

迎えた9回に途中出場の山崎選手が3番手越智投手から3ランを放ち勝負あった。

先発寺原投手は完投で巨人戦初勝利を手にした。

これで巨人は連日の最終回の失点で貯金を使い果たし借金生活と交流戦5割に逆戻りした。
この2連戦8回まではどちらが勝つのかわからないほどの接戦を繰り広げたけれど、

昨日はロメロが、この試合は越智投手が打たれて完全に競り負けた。

終盤チャンスがなかった訳じゃなく、

最後の一本が出ていれば試合展開からして

巨人の勝ちパターンに持ち込めたケースがあっただけに、

接戦でどうやって勝っていくのか?という課題が残った。

3番〜6番以外では2番に藤村選手がセカンドに固定され、

田中選手が対右では先発と主力の故障で若手をどんどん起用できるメリットはある。

この試合では藤村選手、田中大選手は2安打と着実に1軍に慣れてきている。

まだまだ力不足のところはあるけれど使い続ける事で

成長していくので1日1安打以上を目安に若手はがんばってほしい。

ただ連日リリーフ陣が打ち込まれただけに

これでリリーフ陣崩壊とならないでほしいところだ。

接戦の時どう戦うのか?という課題ができたものの、

毎試合若手が結果を出す事で収穫もある。

とにかく若手の活躍と同時に交流戦5割以上の確保を目指してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。