22日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第19話を視聴した。

今回は茶々が秀吉の側室を拒否したものの、その心は確実に動揺していた。

そんな中初が高次への想いが募り、茶々に高次の妻になりたいと告げるが、

江はそんな事をしたら秀吉が何を要求してくるかわからないと告げるが、

茶々は初の幸せを想うようある覚悟を決めた。

そしてその夜茶々は秀吉に初を高次に嫁がせてほしいと

願い出てその代り条件を受けると告げる。

そして初は高次から初を妻にしたいと秀吉に申し出て初は晴れて高次の妻となった。

そしてその夜茶々は秀吉の申し出に対して側室だけは拒否したが・・・

その翌日秀吉が別の側室とあっているところに出くわし

秀吉をぶって走りしてしまったシーンがメインだった。
ストーリー

茶々が、秀吉の側室になる話を拒否した。

そのことを江は初に伝えるが、初は高次のことで胸いっぱい。

龍子から、高次が初のことを憎からず思っていることを知らされ、

さらに胸をときめかせる。
 
しかし、信長の姪(めい)であり政略結婚の最高の駒となる初は、

自ら望む相手と結婚するなど無理だと諭され…。

以上NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」HPより


今回は秀吉が茶々に側室を打診したが拒否されるところから始まった。

ただ茶々も次第に秀吉の巧みな心遣いに次第に心が動揺し始めていた。

それと並行して今度は初が高次の妻になりたいという想いが募り出していた。

この時代姫は戦略の道具にされていた時代だから好きな男に嫁げる時代じゃなかった。

それを受けて茶々は初の願いを叶えたいと考えたが、

江はそんな事をしたら秀吉の思う壺と言われ迷ったが、

やはり茶々は初の幸せのために秀吉の条件を飲む事を決めた。

そしてそこで秀吉はもし敵じゃなかったら引き受けましたか?

と問われ茶々は大きく動揺する。

そして翌日初は秀吉に呼ばれてそこで高次の妻になる事を告げられ、

それは高次の申し出であるという事を告げられた。

まあ秀吉の力あって実現したようなものだが、

初は高次の妻になれる事に茶々は安堵していた。

そして初が嫁いだ後秀吉に再度側室になる事を打診されたが、

想われても良いが側室だけにはなれないと告げたが、

翌日側室と会っているところに出くわした茶々は秀吉を打ったのだった。

次回はついに茶々は秀吉に心を許してしまう。

茶々は秀吉に心を許してしまう決定的な言葉とは?

その言葉に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」
アーティスト:吉俣良
販売元:ポニーキャニオン
(2011-02-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江 姫たちの戦国(2) (KCデラックス)江 姫たちの戦国(2) (KCデラックス)
著者:暁 かおり
販売元:講談社
(2011-04-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中
著者:田渕 久美子
販売元:日本放送出版協会
(2010-11-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)
著者:福田 千鶴
販売元:中央公論新社
(2010-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る