20日北海道日本ハム対巨人戦が札幌ドームで行われ、

3対1で北海道がケッペルの好投で勝利し、巨人は交流戦の連勝が2で止まった。

試合は北海道先発ケッペル、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

3回に北海道が4番小谷野選手の2点タイムリーで先制すると、

5回にも4番小谷野選手のタイムリー2ベースでリードを広げた。

巨人は北海道先発ケッペルの前にヒットが打てず、

最後は抑えの武田久投手から1点を奪ったが

時すでに遅く巨人は交流戦連勝が2で止まった。

これで巨人は交流戦連勝が止まり、5割に逆戻りした。
これだけ打線が抑えられてしまうと投手陣が最少失点に抑えても難しい訳で、

この試合はもう北海道先発ケッペルの投球に脱帽するしかない。

チャンスは2度あったものの3,4番が凡退してしまったら仕方ないところで、

問題はここから連敗しない事が重要だ。

同一カード2連戦しかない交流戦では連敗すると

ずるずる行ってしまうので明日の試合は必ず取りたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。