18日東北楽天対巨人戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

4対6で延長10回に途中出場の太田選手の2点タイムリーで

競り勝ち交流戦2連勝として貯金を1とした。

試合は東北楽天先発永井投手、巨人先発金刃投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が5番阿部捕手のホームランで先制すると、

8番田中大選手のタイムリーで2点を先制する。

しかし東北楽天は6回に6番中村選手の2ランで同点に追いつくが、

7回に巨人は5番阿部捕手のホームランで再び勝ち越すが、

その裏東北楽天が9番中谷捕手のホームランで再び追いつき、

8回に巨人は再び3番坂本選手のタイムリーで勝ち越したが

その裏東北楽天は代打高須選手のタイムリーで再び追いつき、

試合は延長戦に突入したが、

延長10回巨人は途中出場の5番太田選手の勝ち越し2点タイムリーでリードを奪うと、

最後は抑えのロメロが締めて巨人は交流戦2連勝とした。

これで巨人は貯金を1として交流戦連勝スタートを切った。
阿部捕手が戻ってきてそうそう2本のホームランで存在感をみせたが、

やはり阿部捕手がいるといないとでは打線の厚みが違うものだ。

けが人だらけだけれど、その分若手にチャンスが回ってくるだけに

この試合も田中大選手に太田選手が決勝タイムリーと

若手が確りチャンスを活かしている。

ただ原監督はこういう若手はすぐに代えたがる癖があるので

スタメンなら最低4打席立たせてほしいものだ。

接戦となったけれど、中継ぎ陣も抑えにロメロが固定した事と

山口投手が本来のセットアッパーに戻った事で

ようやく中継ぎ陣は固まった感じがあるだけに

打線は若手の台頭に期待しつつ戦い続けたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。