15日広島対巨人戦がマツダスタジアムで行われ、

3対4で巨人が坂本選手の2ランなどでエース前田健投手に

競り勝ち週間5割を確保し交流戦に挑む。

試合は広島先発前田健投手、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、

3回に巨人が3番坂本選手のタイムリー、4番ラミレスのタイムリーで2点を先制し、

5回に3番坂本選手の2ランで4点をリードした。

しかしその裏広島は6番丸選手のタイムリー3ベースなどで2点を返すと、

8回には5番栗原選手のタイムリーで1点差まで迫ったが、

最後は4番手アルバラデホが抑え巨人は広島戦勝ち越し週間5割を確保した。

これで巨人は借金1で交流戦に突入した。
小笠原選手が負傷退場して欠場してから厳しいメンバーで戦っているけれど、

逆に若手にはチャンスだし、坂本選手も3番として活躍すれば

3番は坂本選手で定着する訳だからある意味

世代交代を進めるにはチャンスととらえられる。

主力が多く不在の中でどれだけ戦えるかもチーム力が試される訳であり、

その戦力がアップすれば終盤さらに厳しい強行日程を戦い続ける事ができる。

そして投手陣は抑えが結局定まらない中で

日替わりが続きそうなので早く固定したいところだ。

借金1で折り返す事になったが交流戦で貯金を確保できるか?

確り借金分を交流戦で挽回してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。