4日巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、

4×対3で巨人が実松捕手のサヨナラタイムリーで勝利した。

試合は巨人先発金刃投手、阪神先発下柳投手の投げ合いで始まり、

初回に阪神が4番新井貴選手の内野ゴロ、5番ブラゼルの2ランで3点を先制した。

巨人は5回まで先発下柳投手の前に得点できず迎えた

6回1死満塁から1番坂本選手の2点タイムリーで1点差にすると

8回に4番ラミレスの内野安打で同点に追いついた。

そして9回巨人は無死2塁から7番ライアルの打球を

ショート鳥谷選手が3塁に送球するが走者谷選手がセーフとなり、

抑えの藤川投手を投入したが、

途中出場した実松捕手が藤川投手のフォークを捉え

サヨナラヒットで巨人が接戦を制した。

これで巨人は連敗を阻止して阪神戦勝ち越しを狙う。
初回こそ3失点したものの、その後投手陣が踏ん張り、

打線も投手陣の好投に応える形で同点に追いついた。

9回の展開については2塁走者の谷選手がセーフになったから

サヨナラ勝ちになったけれど、

あの打球だと完全にアウトのタイミングだったんですよね。

ある意味打球が死んでいた分セーフになったというしかないだろうけれど、

あの場面でアウトになっていたらサヨナラ勝ちが難しい展開になっていただろう。

現在負けが先行しているけれど、

1カードずつ勝ち越していく事でまず借金返済が当面の目標だし、

今のチーム状況では大きな連勝は難しい。

初戦の東野投手で落としたが、ローテーションの谷間だった金刃投手で拾ったのは大きい。

これで3戦目は澤村投手がどういう投球をするかで

阪神戦の勝ち越しするかしないかが見えてくる。

1つ1つ勝ち越しを重ねて行こう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。