29日横浜対巨人戦が横浜スタジアムで行われ、

7対6で横浜が5点差のリードを跳ね返して逆転勝利を収め、

巨人は東京ヤクルト戦から泥沼の4連敗となった。

試合は横浜先発田中投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

初回に巨人が横浜バッテリーのエラーで先制すると、

2回には5番長野選手のホームランで追加点を上げて、

3回にはこれまで大不振だった3番小笠原選手のヒットを足掛かりに、

4番ラミレス、6番矢野選手のタイムリー、

4回には2番脇谷選手の内野ゴロの間に追加点を上げて一時5点リードを奪った。

しかしその裏横浜は2点を返し、

5回にも1点を返した6回になおも2点差で2死満塁から

4番村田選手の走者一掃のタイムリー2ベースで逆転を許した。

その後巨人は横浜投手陣を打ち崩す事ができず痛恨の逆転負けを屈した。

これで巨人は東京ヤクルト戦から4連敗となり中継ぎ陣の課題が浮き彫りになった。
東京ヤクルト戦では尽く打線が抑えられたが、

今日の試合ではこれまで不振だった小笠原選手が

猛打賞と復調のキッカケを掴み始めた。

しかし打線が復調した反面今度は投手陣が踏ん張れず5点差を

逆転されるという展開には正直こういうゲームはしてはならないところだ。

ただ打線で小笠原選手が復調し始めた事は好材料なだけに

打線の繋がりという点では解消されていく事だろう。

ただ問題は中継ぎ陣が踏ん張り切れない部分と先発陣が

中盤で捕まってしまうところが問題なだけに

投手陣をいかに整備する事ができるかが問題だ。

4月負け越しが決まってしまったがなるべく借金を重ねないように

連敗をストップさせて5月を迎えたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。