21日阪神対巨人戦が阪神甲子園球場で行われ、

1対3で巨人がルーキー澤村投手の好投で勝利し澤村投手はプロ初勝利を手にした。

試合は阪神先発岩田投手、巨人先発澤村投手の投げ合いで始まり、

初回に阪神は2死満塁のチャンスを作るが得点できず、

3回にも1死3塁から得点できずホームが遠い。

対して巨人は6回に4番ラミレスの2点タイムリーで先制する。

しかしその裏阪神も5番ブラゼルのタイムリー2ベースで1点を返すが、

8回に巨人が6番長野選手のタイムリー2ベースで追加点を上げると、

澤村投手は7回1失点でマウンドを降りた。

その後巨人は2番手高木投手、3番手久保投手、

最後はロメロが締めて巨人が阪神戦勝ち越しを決めて

澤村投手はプロ初勝利を手に入れた。

これで巨人は阪神戦に勝ち越し、澤村投手の好投で貯金を1にした。
澤村投手の粘りある好投が打線の奮起をもたらしたと言ってよいだろう。

特に初回から2死満塁の大ピンチにも澤村投手は落ち着いていた。

普通の投手なら初めての甲子園で本来の投球ができない選手が多い中で

これだけ堂々と投げられるのはただ者じゃない証拠だろう。

その後再三のピンチにも落ち着いて抑える姿は

もうエースの風格が漂っている。

そしてわずかなチャンスを4番が確り返し、

そして追加点を上げられたのが大きかった。

これで巨人は次の火曜日まで試合がないので、

この期間で確り投手陣を整備できるか?

貴重な4日間になりそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。