17日札幌ドームで北海道日本ハム対千葉ロッテ戦が行われ、

注目のルーキー斎藤佑樹投手が初登板し、

5回を投げて6安打4失点自責点1奪三振2の内容で

プロ初勝利を上げた。

試合は初回に千葉が3番井口選手があいさつ代わりの2ランで

プロの洗礼を浴びせるが、

その裏北海道が6番ホフパワーの満塁ホームランで

逆転に成功する。

2回3回にも追加点を上げたが、

5回に千葉がまたも3番井口選手の2点タイムリーで

井口選手に4打点を叩き出された。

その後6回以降北海道の投手陣が踏ん張り逃げ切った。

これで斎藤佑樹投手のプロ初マウンドは強運で得た勝利となった。
やはり持っている強運は凄いという事だろう。

QSも達成できず、最低限の5回までで

4失点失いながら勝ち投手になれるのは

それだけ強運でなければ勝つ事は難しい。

コントロールの投手なので四死球0だったが、

奪三振はわずか2つと打たして取る投球術が

どれだけ1年目で通用するか?

というのがこれから勝ち星を増やすポイントになるだろう。

コントロールが良い事は先発投手としては

重要な要素なのでアウトの殆どが

内野ゴロ10個で占められており、

内野ゴロが多くなればそれだけ斎藤投手のペースになる

という事になる。

ただ甘くなると井口選手のように一発を浴びるだけに

コントロールミスが命取りになる事がわかった登板となった。

今年は各球団の大卒ルーキーが2桁勝利を

上げそうな感じなので各球団のライバルたちとの

対決も今後注目されるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

素顔の斎藤佑樹 〜学生記者が見た、聞いた、書いた!ワセダ4年間の「全記憶・全記録」〜 (ワニプラス)素顔の斎藤佑樹 〜学生記者が見た、聞いた、書いた!ワセダ4年間の「全記憶・全記録」〜 (ワニプラス)
著者:早稲田スポーツ新聞会
ワニブックス(2011-02-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


斎藤佑樹と歩んだ1406日斎藤佑樹と歩んだ1406日
著者:應武 篤良
ベースボールマガジン社(2011-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


緊急出版 斎藤佑樹 世紀の社会現象をつくる男を検証する (講談社MOOK)緊急出版 斎藤佑樹 世紀の社会現象をつくる男を検証する (講談社MOOK)
講談社(2011-04-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る