17日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第14話を視聴した。

今回は江は佐治一成へ嫁いだが、

嫁いで早々婚礼の段取りを知り倒れてしまった。

そして間もなく秀吉は家康討伐のために兵を尾張へ向ける。

それを知った江は一成の決心にただ見ているしかなかった。

そして茶々、初もまた戦を止めようとしたが

どうする事もできなかった。

そして秀吉は家康の強さに苦戦し、

このまま戦っても勝てないと悟り

大将の織田信雄に官位を含めた和議を申し出てこの戦は終わった。

そして秀吉は江は再び自らの元に戻し、

大坂城で江に羽柴家の養子として

秀吉自ら父になった事を告げられるシーンがメインだった。
ストーリー

一成との婚礼の日を迎えた江だったが、初夜の段取りを聞き、

式の最中に倒れてしまう。

そんな江を温かく見守る一成。

江はその優しさに触れ、元気を取り戻していく。
 
その後、江たちは織田信雄のもとへ。

そこには家康の姿があった。

実は、江の知らぬ間に、

打倒秀吉に向けて戦準備が進んでいたのだ。

それを聞いた江は、戸惑いを隠せず…。

以上NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」HPより


今回は江が秀吉の策略で佐治一成へ嫁ぐ事になった。

結局のところ厄介払い的な扱いとなっているけれど、

今回ではまだ茶々、初、江には

戦を止めるだけの力がない事を思い知らされるのだった。

最もこの時点での茶々、初、江の扱いは秀吉の人質であり、

全て秀吉の思うがままな訳で、

秀吉の意で全てが決まってしまう。

江も嫁入りは初体験だった訳で

幼すぎる江にはちょっと刺激が強すぎたかもしれないが、

ここからただ戦の戦況を見る事しかできない江がいた。

そして戦の方だけれど、さすが家康という事だ。

信雄は赤子を捻るだけで良かったが、

それを守る家康がさすが強敵で、

最も織田徳川連合軍として考えれば勢力の中で

トップ3に入る戦力を保有していた訳で、

それだけの武将が多数いた事もある。

秀吉もさすがに家康の強かさには

手を焼いてしまい攻略を断念するに至った。

そして秀吉は器の劣る信雄に身の保証を与え、

家康は戦う意味を無くし三河へと引き上げるのだった。

そしてこれにより佐治一成は領地を召上げられ、

江は再び秀吉の元へ戻されたのだった。

次回は大坂城で暮らす事になった

江は再び秀吉との対峙が再開される。

果たして大坂城ではどのようなやり取りが展開されるのか?

その展開に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江〜姫たちの戦国〜」
アーティスト:吉俣良
ポニーキャニオン(2011-02-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上
著者:田渕 久美子
日本放送出版協会(2010-11-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
日本放送出版協会(2010-12-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江 姫たちの戦国(1) (KCデラックス)江 姫たちの戦国(1) (KCデラックス)
著者:暁 かおり
講談社(2010-12-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江 姫たちの戦国(2) (KCデラックス)江 姫たちの戦国(2) (KCデラックス)
著者:暁 かおり
講談社(2011-04-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)江の生涯―徳川将軍家御台所の役割 (中公新書)
著者:福田 千鶴
中央公論新社(2010-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 江(ごう) 姫たちの戦国 (NHKシリーズ)NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 江(ごう) 姫たちの戦国 (NHKシリーズ)
日本放送出版協会(2010-12-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る