17日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、

4対3で広島がルーキー福井投手に

プロ初勝利を献上する失態で広島戦負け越した。

試合は広島先発福井投手、巨人先発ゴンザレスの投げ合いで始まり、

初回に広島が3番広瀬選手の内野ゴロの間に

1点を先制するが巨人は3回に1番坂本選手のタイムリーで

同点に追いつくと、4回に5番由伸選手のホームランで

勝ち越しに成功した。

しかし5回に広島は巨人のミスで同点に追いつき、

1番梵選手の2ランで逆転に成功した。

その後巨人は先発福井投手を攻略できず、

9回に巨人は抑えのサファテを攻めて

代打紺田選手のタイムリーで1点差としたが及ばなかった。

これで巨人はまたの初物にしてやられ

広島戦負け越しで週間5割で終わった。
早稲田ビック3として早稲田の黄金時代を支えた

斎藤投手がデビューしたが、

同じく広島の福井投手もこの試合がデビュー戦だった。

初先発で7回2失点とQSを達成する上々のデビューとなった。

斎藤投手が5回で降板した事を思えば

福井投手は広島で2桁勝てるだけの力は備えているだろうし、

今後強敵になる事は間違いないだろう。

さて肝心の巨人だけれど、

昨シーズン大不振だったゴンザレスが復活をかけて

マウンドに上がったけれど、

内容としては梵選手にホームランを浴びたけれど、

グライシンガーよりマシな感じだ。

ただこの2外国人投手が本来の投球をするようなら

相当な期待が持てるだけにまず4月は

様子見としたいところだ。

ただ打線は小笠原選手がブレーキとなっているだけに

3番が復調しないと打線としては厳しい。

それ以外は比較的好調なだけに

小笠原選手の復調が待たれる。

この1週間で感じた事はホームランが減るという事よりも

引き分けが増えそうだという事だ。

今シーズンは特別ルールとして

9回引き分けなので

これがシーズン終盤で相当影響をもたらしそうだ。

次ぎは甲子園で阪神と対戦だけれど、

ここで勝ち越せるかが今シーズンの流れに

左右されそうなので確り勝ち越したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。