17日Jリーグチャリティーマッチが行われ、

アルビレックス新潟はアウエーでカターレ富山と対戦し、

0対0で両チーム最後までゴールを割れず

スコアレスドローに終わった。

試合は前半からJ1新潟が圧倒的にボールを支配し

優位に展開するが、ゴールを割る事ができず前半を折り返した。

後半新潟はDF鈴木を投入するが、

今度は富山のペースとなり守備の時間が続き、

GK東口のセーブでゴールを守るも

攻撃面ではFWロペスにボールが収まらず

結局最後までゴールを割れずスコアレスドローとなった。

これでアルビレックス新潟はトレーニングマッチを含めて

課題が多い中リーグ再開を迎える事になった。
色々課題が多かった試合だったけれど、

相手がJ2の下位チームという事を踏まえると

いかに守りを固める相手に対して

優位なサッカーを展開できるかがポイントでもあった。

守備面については先発メンバーと

後半のメンバーを観ても殆ど遜色がなく

特にGK東口の安定感あるセービングは

この試合1番目立っていた。

まあそもそも試合でGKが目立つようじゃあ

攻撃面が課題ありあり何だけれど、

前半に関して言えばやはりMF小林がいた事で

ボールをボランチからコントロールできていたし、

両サイドバックの藤田、酒井高が

上手くサイド攻撃を展開していた。

ただ後半に関して言えば藤田を下げて右に酒井高、

左にCBの石川を回した事でサイド攻撃が機能しなくなった。

このオプションについてだけれど

守備という点で考えるとこのオプションはかなり効果的だ。

ただこのオプションを使う時には

リードした後後半25分過ぎ位から使った方が良いと思う。

この後半25分というのは

MF小林の交代するタイミングと言ってよい。

特にMF小林が抜けてから完全に富山ペースで試合が進み、

木暮を投入して三門をボランチに回して

それなりにボールは拾ったが、

今度は攻撃面で最終ラインで

ボールをカットされロングカウンターを受けるシーンが続いた。

これは個人的見解だけれど、

リードするまでDF鈴木の投入して

石川を左SBに回す戦術はしない方が良いし、

攻撃にアクセントをつけるなら

MF小林を代える時に誰を入れて対応するかがポイントだ。

パターン1として右SBの藤田を右SHに上げて、

右SBに内田を投入し、MF三門はボランチに回す。

パターン2攻撃的選手として右SHに

木暮か田中を入れて三門をボランチに回す。

パターン3FW川又を投入し3トップにして

ミシェウのトップ下、三門、本間のダブルボランチにする。

これは運動量のある三門を本来のボランチに

回して中盤でボールを拾うのが狙いだ。

守備を固める時、攻撃を強化する時の使い分けが必要だ。

チャリティーマッチとはいえ状況に応じた

戦術を展開する必要があったと思う。

いよいよ来週からJリーグが再開するけれど

それぞれのチームがそれぞれできる支援をしつつ

それぞれが確りベストを尽くして戦っていければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

アルビレックス新潟プレビュー開幕編2011アルビレックス新潟プレビュー開幕編2011
ニューズ・ライン(2011-02-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る