16日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、

4対2で広島が先発グライシンガーを攻略した4点を守り切り、

巨人は開幕の連勝が引き分けを挟んで2でストップした。

試合は広島先発ジオ、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスの2ランで先制するが、

その裏広島が3番広瀬選手のタイムリー

7番岩本選手の犠牲フライで同点に追いつくと、

2回には1番梵選手のタイムリー2ベース

3番広瀬選手のタイムリーで先発グライシンガーをKOした。

その後巨人は3回以降無失点に抑えるが、

打撃陣がチャンスは作るも最後まで活かし切れず

最後は4番手サファテに抑えられ

巨人は開幕の連勝を2でストップした。

これで巨人は連勝が止まり先発4番手以降の課題が残った。
打撃陣が肝心なところで打てないのも問題だが、

やはりグライシンガーが初回と2回に

安易に得点を許した事が余計だった試合だ。

折角2点先制しながらその後同点、

そして逆転をあっさり許してしまうようではいけない。

グライシンガーの復活を期すシーズンとなるが、

きょうの調子が続くようなら

次の先発要員を考えなければならなくなるので

次の登板は重要になる。

これで対戦カードは1分1敗となった訳で

5割を確実にキープしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。