24日プロ野球セントラルリーグは

22日に文部科学省から4月中のナイター自粛と

東京ドーム使用禁止、セパ同時開幕の勧告を受け入れ、

4月12日にセパ同時開幕をする事になった。

この問題はセントラルリーグが

当初25日の開幕を予定通りに行おうとしたが、

ファンから多数の抗議があり、

わずか4日の延期を発表し、

文部科学省に節電案を提示したが却下され、

延期の理由を東京ドームを使用しなくて済む

という理由にもならない理由を告げた事で

蓮舫節電啓発担当大臣に一蹴されていた。

これによりセントラルリーグは

パシフィックリーグと同様の案を提示して

セパ同時開幕が決まり、

これによりプロ野球も4月12日に

一斉スタートを切る事になった。
最初からパシフィックリーグのように

4月12日及び同時開幕を目指せば

このような事にはならなかっただけに、

この混乱の責任の所在はもはや明白なんだけれど、

さすがに政府を敵にしてしまった

セントラル及び巨人は相当な損失を被る事になったのは

避けられない。

パシフィックも同じような痛みを伴っても

ファンと政府の支持を得た事で収入減にはならないと思うが、

セントラル特に巨人は全国のファンを敵に回したばかりか、

これで完全に巨人戦の地上波中継は

来季以降BSへ完全移行するしかなくなるだろうし、

巨人そのものの収入は大幅に落とす事になるだろう。

当然この混乱の責任は取ってもらわなければ

巨人ファンだけでなくプロ野球ファンに示しが

付かないのも事実であり、

早急に然るべき結論を求めたいところだ。

とにかく開幕日が決まった事で

球場の確保の問題はあるものの、

試合はデーゲームで行われる。

オールジャパンとして日本に元気を

もたらしてほしいところだし、復興の一歩としたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。