6日Jリーグ11開幕戦最終日が行われ、

浦和レッズはアウエーでホームズスタジアム神戸で

ヴィッセル神戸と対戦し、

0対1でMFポポのFKに沈み

ペドロビッチ監督の初陣を飾る事が出来なかった。

鹿島アントラーズはホーム県立カシマサッカースタジアムで

大宮アルディージャと対戦し

3対3で終了間際のオウンゴールで辛くもドローに持ち込んだ。

これで開幕戦を終えてそれぞれのチームの現状と課題がみえた。
まずフィンケ政権からペドロビッチ政権へと代わり、

マルシオ、永田が加入した浦和レッズは

昨年逆転残留を許したヴィッセル神戸と対戦した。

監督が代わるとどうしても戦術も変わるものだけれど、

やはり浦和の現状を考えると

ボランチの層の薄さが今後の課題になるような感じがするし、

4−2−1−3というシステムが果たして機能するのか?

というのもある試合となったのではないだろうか。

スペインリーグだと4−5−1(4−2−3−1)

もしくは4−3−3(4−2−1−3か4−1−2−3)

を用いるケースが多く、

その意味ではスペインリーグを見てきた

ペドロビッチ監督はマルシオをトップ下に

1人置くシステムを採用した。

このシステムはWの突破がカギを握るんだけれど、

それをさらに機能させるためには

中盤のマルシオ、柏木、鈴木啓太の3人が

上手くパスをWへ繋がないといけない。

アンカーシステムの場合はトップ下2枚が

それぞれタイミングを見計らって飛び出せるけれど、

今回の浦和の場合はそこにさらに

サイドバックのオーバーラップが必要になる。

この連動が上手くいかないと4−2−1−3は機能しない。

ただ今の浦和の場合はボランチの鈴木啓太以外は

どうしても専門ボランチが不在の中にあり、

ダブルボランチというシステムを考えると

少し無理があるのではないかと思う。

現実に次節出場停止となる訳で、

予想では堀之内あたりが入るようだけれど、

本当にボランチとして機能させるなら

センターバックの控えに余裕のある事を踏まえても

山田暢久をボランチで起用した方がよいのかもしれない。

次はガンバ戦だけにここで敗れると苦しい戦いを

強いられる事になりそうだ。

そして鹿島が大宮に対してまさかの打ち合い

という開幕戦を演じた。

鹿島らしくない戦いでもあるし、

ACLの激闘で厳しかった事を差し引いても

控えメンバーが充実している

今季はターンオーバーである程度メンバーを

入れ替えても良かったのではないだろうか?と思う。

今年の鹿島は控えメンバーだけでも

チームが作れてしまうほどだからね。

これで開幕戦が終わったけれど、

名古屋と鹿島がACLでも不調だったこともあり

エンジンが掛かるまでもう少し時間が掛かりそうだ。

その分柏、新潟、大阪勢の好調が際立っただけに

3月が終わる時どのような状況になるのでしょうか?

楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2011年 03月号 [雑誌]Urawa Reds Magazine (浦和レッズマガジン) 2011年 03月号 [雑誌]
朝日新聞出版(2011-02-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


新・浦和REDSの真実2011新・浦和REDSの真実2011
著者:大野勢太郎&有賀久子・佐藤亮太
スポーツチャンネル(2010-12-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る