21日ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」

第6話を視聴した。

今回は修二が半年間の謹慎を学校から処分が下り、

そんなショックの中で今度は夏実に別れを告げられ、

修二は一気に夏実と教師とひかりを失った。

夏実はこの時妊娠2か月だったが修二には言えず、

自らも下ろす決断もできなかったが、

そんな時夏実の前に亜弥が夏実に

ある一言で産む決断をしたのだった。

そして半年間修二は実家で酒屋の手伝いをしていたが、

そこでの修二は毎日が拷問の日々だった。

そして半年後修二は学校へ復帰したが、

そこではひかりが1人孤立しており、

生徒たちも修二をどう受け入れて良いのか手探りの状況だった。

夏実は既に妊娠8か月を迎えており、

その相談は亜弥としているほど親密になっていた。

そんな中修二はひかりが転校する事を知り、

ひかりと会うが、ひかりは1人でも慣れていると言って強がった。

そしてひかりの退学が決まった直後修二はひかりを

1人にしないとひかりに告げた直後に

今度は夏実に修二の子供を妊娠している事を告げられ、

修二は夏実とひかりの狭間に挟まれてしまうシーンがメインだった。
ストーリー

夏実は、修二との結婚を止めることにする。

修二のひかりに対する思いを知ったからだった。

ひかりの告白で、修二とは何もなかったことを知った

直輝や涼子らバスケットボール部員たちは、

用意していた結婚祝いの品を夏実に渡した。

困惑しながらも、とりあえず受け取る夏実。

そこにひかりがやってきた。

直輝は、ひかりに対して怒りをぶつけた。

だが夏実は、そんな直輝をたしなめ、ひかりに優しく微笑む。

一方、修二は、教頭の鶴岡から

半年間の謹慎処分を言い渡される。

生徒との接触も許されなかった。

修二は、朝のホームルームで、

2年1組の生徒たちにそのことを報告した。

生徒たちの反応はさまざまだった。

夕方、帰宅しようとしていた修二の前に、夏実が現れる。

さやかから、夏実が式をキャンセルしたことを聞いていた修二は、

辛い思いをさせてしまったことを謝った。

しかし夏実は、修二の言葉を遮り、

自分が修二にとってどういう存在だったのかわかった、と返し、

万感の思いを込めて別れを告げる――。

酒店を営む実家に戻った修二は、

半年の間、兄・孝一の仕事を手伝っていた。

だが、孝一も両親も、

学校に復帰する日が近づいても元気がないままだった

修二のことを心配していた。

謹慎がとけた修二は、

ある決意を胸に、明稜学園高等学校に向かった。

すると、まだ誰もいないはずの職員室に夏実の姿があり…。

以上フジテレビ大切なことはすべて君が教えてくれたHPより


今回は修二はひかりとの関係で

半年間の謹慎処分を受ける事になった。

まあひかりの告白もあり、

泊めた以外は何もなかった訳だが、

それがなければ修二は懲戒解雇処分を

受けていても仕方ないのだが、

生徒と教師の関係というのは確かに難しいもので、

教師と生徒の関係の中では恋愛感情はできない

というのは確かに理解できるけれど、

とはいえ高校生ぐらいだと年齢以上に

大人に見える人もいる訳で、

そう考えると結婚できる年齢の相手に対して

恋愛感情を持たない事そのものが難しい事ではある。

とはいえその多くは一方的に生徒からのアプローチに

なるのだろうけれどね。

私個人としては場を間違わなければ

卒業後結婚しても悪くないとは思う。

確かに在学中はそういう事を見えない中で

やらないといけないだろうけれどね。

そんな中で修二がひかりへの想いを知った事で

修二の子供を妊娠しながら修二との別れを決意する。

確かにあの状況では結婚しようとしても無理だろうけれど、

それでもやはり妊娠している事は告げないと・・・

これおそらく修二は夏実と仮に結婚しなければ

認知という形になるかもしれないが、

将来的には色々な問題を抱える事を認識しなければならない。

特に財産分与の問題になったら大変だけれどね。

それでも夏実は産むか下すかの選択ができない状況だった。

そんな時救ったのがひかりの掛りつけの

病院の看護師亜弥だった。

当初は修二を陥れようとした亜弥がどういう訳か

夏実を助けるという流れは一体亜弥はどちらの味方なの?

という感じだし、ここで親しくなるというのは

ある意味波乱の展開の予兆だろうか・・・

ただ亜弥は夏実に1人じゃないという事を夏実に投げかけた。

夏実は修二を失った事で1人になってしまったと感じるが、

亜弥が1人じゃないという言葉に夏実は生まれてくる

子供と2人でいる事で孤独を抜け出した。

確かに夏実は1人じゃない。

それが母になる強さなのだろうね。

一方修二は半年間詰問的な毎日を送っていた。

実家の手伝いをするも、

やはり謹慎になった経緯が経緯だけに辛い毎日を送る。

そんな中謹慎が明けるが、

修二は以前と違い自信喪失の中辞表を持って学校へ向かった。

そこには夏実がいたが、

夏実は修二の子を妊娠している事もあり強くなり、

修二はさらに弱体化している感じだ。

しかし修二は決断できず辞表は出せなかった。

そして教壇に立つも以前の修二はそこにいなかった。

その後修二はひかりに会うが、

ひかりは学校内では孤独だった。

確かにあの状況で出続ける事そのものがある意味辛いよね・・・

誰も知らない場所へ行きたいと思うのも無理はない事だ。

そんなひかりの心境を知った修二は

ひかりを孤独から救ってあげる事こそ

自分の責任と感じるようになっていた。

確かに責任の取り方はあるけれど、

ひかりを1人にしない事が責任と

感じるのは確かにわからないではないが、

だからといってこのまま一緒になる事を決断するのは

どうなのだろうか?

その決断をしてしまう時点で修二はひかりを

愛してしまった事になるんだろうけれどね。

そしてその直後に今度は別れを告げられた

夏実から修二の子を妊娠している事を告げられた。

しかも8か月・・・

このまま早産でも生まれる訳だが、

ここで告げられても・・・

早い話男は女の将来を確り考えてからしなさい

という事になるが、

夏実の心理状況が当時良くなかった事もあるし、

あのままだったら何がベストだったのか?

と言われたら・・・

中絶以外になかったのではないかという感じだが、

中絶以外の選択をすると問題山積だった事は

避けられずかといって別れを告げられた後に言われても・・・

という状況だ。

これは非常に難しいよね・・・

とはいえ夏実は既にシングルマザーでも

生きていく覚悟ができている反面

修二は夏実とひかりの2つの責任に挟まれてしまい

どう決断して良いのか?という状況に陥った。

次回は修二は2つの責任を背負い決断しようにも

できない中でひかりを守ろうとし、

そして夏実に対してどう責任を示していくのだろうか?

2つの責任から目が離せなくなった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

フジテレビ系月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」オリジナル・サウンドトラックフジテレビ系月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:林ゆうき
ポニーキャニオン(2011-03-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る