2月11日公開の映画「あしたのジョー」を鑑賞した。

この映画はちばてつや氏原作の映画「あしたのジョー」を

実写化した作品で、

喧嘩に明け暮れた矢吹丈が永遠のライバル力石徹と

出会った事でボクシングに目覚め

永遠のライバル対決を繰り広げるストーリーである。

往年の人たちにとっては忘れられない

不滅の名作であるあしたのジョーは

長年の時を経て実写化され、

力石との壮絶な打ち合いには手汗握る事になるだろう。
私よりさらに上の世代の人たちにとっては

忘れられない名作漫画だけれど、

時代背景が丁度昭和30年代後半から

昭和40年代初頭という時代背景は

貧しいながらもそのから這い上がる矢吹丈の生き様、

そして力石徹との壮絶な打ち合いは

忘れられないワンシーンだろう。

生きる希望を失っていた矢吹丈が力石徹で出会って

ボクシングで壮絶な戦いを繰り広げていく

ストーリーをレビューしていきたい。

キャスト

矢吹丈演じる山下智久

力石徹演じる伊勢谷友介

白木葉子演じる香里奈

丹下段平演じる香川照之

西寛一演じる勝矢

ウルフ金串演じる虎牙光揮

食堂の親父演じるモロ師岡

食堂の女将演じる西田尚美

安藤洋司演じる杉本哲太

花村マリ演じる倍賞美津子

白木幹之介演じる津川雅彦

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

昭和40年代、東京の下町。ドヤ街でケンカに明け暮れる、矢吹丈。

丈は丹下段平にボクサーとしての素質を見出されるが、

少年院へ。そこでプロボクサー・力石徹に打ちのめされた丈は、

彼に勝つために段平の教えを受ける。

やがて少年院を出た力石は、白木財閥の娘・葉子の支援の元、

プロとして連戦連勝。

一方、丈もプロデビューを果たし、

力石との対決に燃えていた。

しかし、二人の間には体重による階級の差があった。

そこで、力石は過酷な減量に挑む。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして壮絶な打ち合いが

信条の矢吹丈のKOボクシングには

ある意味その時代を感じるんだけれど、

まず矢吹丈がプロになるまでの過程はとにかく両親がなく、

不良で喧嘩の毎日を送っているいわゆる悪だった訳だが、

その心は純粋だった。

丈にとって生きる希望がそこに見いだせなかっただけだと

いう事なんだけれど、

ある日刑務所に服役していた時に

丈は永遠のライバルになる力石徹と出会い、

そこでボクシングに目覚める。

服役する前に丈は丹下段平にボクシングの才能を見出されている。

その出会いが丈をボクシングの世界へ進めるキッカケ

となる訳だけれど、

刑務所で丈は力石徹と階級差の大きい初マッチを行う。

この時はプロの力石徹に対して丈はプロになる前だったために

ボコボコにされるが、

丹下から教えてもらった一撃必殺のカウンターで

両者引き分けになってゴングが鳴った。

それから力石徹は丈との再戦を熱望する。

刑務所を出た丈は丹下が作ったジムで

トレーニングを積んでプロテストに挑み、

そして念願のプロテストに合格する。

ただその頃丈の目の前に力石徹をサポートする

白木ジムの白木葉子が丈が住むドヤ街を

再開発すると乗り込んできた。

実は白木葉子はドヤ街の出身で、この場所が嫌いな場所らしい。

そんな中で丈は力石徹に勝ったら

ドヤ街の開発を中止するという約束をしてしまう。

丈と力石徹とでは階級が2つ違う為対戦する事ができない。

ボクシングの場合階級があるので

無差別級はヘビー級になるので、

ここは別世界として、

力石徹はフェザー級、丈はバンタム級であり、

2階級の差があった。

力石徹が丈との対戦の為に過酷な減量にい挑む事になる。

ちなみに2階級差がどれぐらいあるかというと、

フェザー級 57.153kg以下

バンタム級 53.524kg以下

となっており、その差は約3.5Kg差があり、

この3.5Kgの差がボクシングでは非常に大きな差となる。

昨年長谷川穂積がバンタム級からフェザー級に上げたけれど、

確かに過酷な減量という点では回避されたものの、

やはりバンタム級では圧倒的なパンチ力でも、

フェザー級ではバンタム級の威力では

ダウンさせる事ができなかった位だから

そのパンチ力の差はそれだけ大きいし、

フェザー級ではバンタム級のパンチでは

倒れない鍛えられ方がなされている。

体格的にも力石徹の体格だとバンタム級 53.524kg以下の

リミットは相当厳しいものだ。

身長から比べたら標準体重をはるかに

下回る減量はある意味命に係わる訳だからね。

それを考えるとフェザー級のパンチ力を

バンタム級で受けたらバンタム級の4倍以上の威力が

ある事になる訳だ。

丈は力石徹るとの対戦までに8戦戦っており、

その殆どがクロスカウンターで仕留めていた。

しかしこれも次第に見破られる訳だけれど、

それでもKO勝利を収めていった。

そしてついに運命の対決の日がやってきた。

過酷な減量でバンタム級にこぎつけた

力石徹はその影響でスタミナが落ちていた。

矢吹丈は力石徹との対決に決着をつけるべく立ち向かった。

果たしてこの対決の行方はいかに?

結末は劇場で観てほしいけれど、

丈と力石徹との壮絶な戦いは本当に見応えがある戦いだった。

ここが1番の見せどころな訳だけれど、

丈もガードを下げる戦法ではなく

まともなボクシングをすれば

さらに優位な戦いをできるのに

それをしないのがある意味丈らしいんだけれど、

それでも力石徹の壁は厚かったが、

それも丈らしい戦いだった。

戦いの行方は劇場でのお楽しみにしてほしいところだが、

私としてはやはり丈には力石徹の壁は

永遠に続くのだと感じるのだった。

総評として丈と力石徹との戦いまでを描いた訳だけれど、

その戦いはボクシングの醍醐味である

KOされるまでの壮絶な打ち合いであり、

往年のファンはこういうボクシングを求めているだろうし、

こういうボクシングは観ている方も燃えてくるものだ。

この時代に丈のような生き方をする人は少なくなったけれど、

丈のように打たれても立ち上がる

姿は打たれ強く生きる事が今の時代に

必要なのだと説いているのかもしれない。

そんな倒れるまでの打ち合いには

最後まで見逃せないファイトだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

あしたのジョー 劇場版〔DVD〕あしたのジョー 劇場版〔DVD〕
出演:あおい輝彦
ラインコミュニケーションズ(2011-02-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


あしたのジョー COMPLETE DVD-BOXあしたのジョー COMPLETE DVD-BOX
著者:TVアニメ
コロムビアミュージックエンタテインメント(2009-12-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


あしたのジョー (実写版) [DVD]あしたのジョー (実写版) [DVD]
出演:石橋正次
Happinet(SB)(D)(2011-02-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


映画「あしたのジョー」オリジナル・サウンドトラック映画「あしたのジョー」オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:(オリジナル・サウンドトラック)
SMD itaku (music)(2011-02-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


あしたのジョー 全12巻セット (講談社漫画文庫)あしたのジョー 全12巻セット (講談社漫画文庫)
著者:高森 朝雄
講談社(2002-02-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


映画『あしたのジョー』OFFICIAL GUIDEBOOK (講談社MOOK)映画『あしたのジョー』OFFICIAL GUIDEBOOK (講談社MOOK)
講談社(2011-01-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


あしたのジョー コンプリートブックあしたのジョー コンプリートブック
講談社(2010-02-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る