1月29日公開の映画「白夜行」を鑑賞した。

この映画は東野圭吾原作の「白夜行」を映画化した作品で、

昭和55年に起きた殺人事件が発端となり、

その周りに関わった容疑者の少女と

被害者の少年の周りに起こる不可解な事件の数々に

刑事が定年になっても追いかけていき

その真実に辿り着くサスペンスである。

事件の真相を知っていくうちに

その真相そのものはあまりにも過酷な現実に直面する事になるだろう。
5年前にドラマ化されているけれど、

その時は全くノータッチなので実際に

私自身白夜行のストーリーを良く把握せずに鑑賞していたりする。

事件の経緯からその真相までを辿っていくと、

その事件の経緯があまりにも

残酷な運命をたどっている事を思い知らされる。

その事件の経緯からその周辺に起こった

不可解な事件の経緯を考えていきたい。

キャスト

唐沢雪穂演じる堀北真希

桐原亮司演じる高良健吾

笹垣潤三演じる船越英一郎

古賀久志演じる斎藤歩

桐原弥生子演じる戸田恵子

松浦勇演じる田中哲司

桐原洋介演じる吉満涼太

篠塚一成演じる姜暢雄

篠塚美佳演じる小池彩夢

川島江利子演じる緑友利恵

藤村郁子 - 長谷川愛

唐沢礼子演じる中村久美

栗原典子演じる粟田麗

西本文代演じる山下容莉枝

寺崎忠夫演じる宮川一郎太

三枝会長演じる黒部進

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

昭和55年、質屋の店主が殺されるという事件が起きるが、

結局被疑者死亡のまま解決。

だが、当時の担当刑事笹垣は、何か腑に落ちないものを感じていた。

数年後、事件の殺人犯と目されていたが

ガス中毒死した女の娘雪穂は美しく成長し、

一方質屋店主の息子亮司も事件後は家を出ており……。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして殺人事件の起きた

1980年から犯人がわかって全ての真相が明らかになるまでの

1999年までを描かれるんだけれど、

まず冒頭の殺人事件では証拠も乏しく、

事件は迷宮入りする事になるところから始まっていく。

確かに刺されて殺されたものの犯人に結び付く証拠がなく、

それに繋がる人物も特定できない中で

容疑者にされた娘とその母親だけが残る事になったのだったが、

その容疑者の娘である雪穂の周辺では不可思議な事件が続く事になる。

その最初が母親の死であり、

次には過去を知る者や容疑者に問われた

雪穂の母親がガス中毒死という不可解な事件が続き

被疑者死亡で解決を観るのだが、

確かにこの状況では容疑者と疑われた

雪穂の恋人が被疑者として疑われた証拠が決定的となっているけれど、

その後の不可解なしにそれを追う刑事笹垣は

この事件を解決した後も追い続ける事になる。

そして時が経ち雪穂は遠戚の家に養女として暮らしていた。

その頃まで容疑者の娘という噂が立っていたが、

その後容疑者の娘という過去は消え去っていた。

それがどういう訳だかその頃に無くなっていた。

そして雪穂が大学生になった時に

またも不可解な事件が雪穂の周辺で起きる。

過去を知るおじさんが雪穂の前に現れた途端

またも殺されて発見された。

そしてさらには雪穂の親友までもが突然消え去ったのだった・・・

この事件については後ほどわかる訳だけれど、

確かにこの時点で雪穂が事件に関わった訳じゃない

という状況しか映らない。

しかしそれが笹垣が色々雪穂の周りを調べる事で

その全容が次第に見えてくる。

そして雪穂が大学時代に出合った一成と結婚する。

その頃被害者の息子である亮司は父親が殺されてから

自活して暮らしていた。

その頃は体を売る生活をしていたが

典子と出会った事でささやかな癒しの生活を送っていた。

この時点で雪穂と亮司との接点が見えてこないんだけれど、

そこから笹垣が驚愕の事実を知る事になる。

雪穂は結婚後篠原の性を名乗り、

篠原家を自らが支える存在となり、

一成は結婚後何かの原因でひきこもりになっていた。

そんな中妹の美佳が何者かに襲われレイプされた。

それを知った雪穂は衝撃の言葉を美佳に話しかける。

果たして事件の真相とは何だったのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

事件の真相を知ってしまえばあまりにも

ショッキングな事件になってしまう。

もっと言ってしまえば実の母親が

このような事をさせていた事実をどうして許せるだろうか?

というところに辿り着くんだけれど、

この事件の真相はあまりにも衝撃過ぎる内容だ。

一言で言ってしまえば母親がする沙汰じゃないという事だ。

それ以上にそれを食い物にした大人はもっとたちが悪い。

それを抱えて生きるしかなかった雪穂、

そしてその事実に苦しみながら生きるしかなかった

亮司は色々な意味で被害者でもあり、

さらには見えない気づかれない絆が結ばれているのだった。

秘密の暗号がそこにあった訳だけれど、

それが証明されれば雪穂の容疑も証明できるけれど、

ラストシーンではその絆が雪穂を守る事になる。

まああれだけ苦しく生きていかなければならない

雪穂を亮司は最後まで守り通した事については

誰もが知られたくない事があり、

それを知られないために行うしかなかった犯行・・・

でもだからといって許される事じゃない・・・

総評として事件の真相を知った時あまりにも

2人には重いものを背負って生きなければならなかった。

そして雪穂を守るために亮司は絆で雪穂を最後まで守り抜いた。

でもそれで良かったのだろうかという思いが

最後まで残ったのも事実だし、

こうなってしまったのは全ては両親の許されない行為

そのものである事は間違いない。

雪穂はこれ以降も生き続けて行く事になるんだけれど、

雪穂が本当に共にすべき人は守ってくれた

亮司だったのではないだろうか?

と見えない絆がそう示しているようだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

デビューアルバム「ヒカリ」デビューアルバム「ヒカリ」
アーティスト:珠妃
トイズファクトリー(2011-01-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


映画 白夜行 オリジナル・サウンドトラック映画 白夜行 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
SMD itaku (music)(2011-01-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
著者:東野 圭吾
集英社(2002-05-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る