2日ドラマ「美咲ナンバーワン!!」第4話を視聴した。

今回は唯の父親が唯を転校させると学校に訪れている事を知った

唯が転校はしない、する位なら退学すると言い出し、学校を飛び出した。

美咲は唯を追いかけるが、聞く耳を持たない。

そんな中唯は美咲が働いていた

「クラブサザンシー」で唯が年齢を偽って

働いているのを知り愕然とする。

そこで唯は体験入店をしていた。

そんな中で唯はお客様に対して失態を犯してしまい、

それを唯は謝らずお客は激怒した所に美咲が登場し

お客に謝罪して接待し直しお客の機嫌を取戻し

唯にキャバクラで働く大変さを身を持って教えるシーンがメインだった。
ストーリー

進路希望調査の時期。

美咲は2年Z組の生徒たちに調査票を配るが、

みんな真剣に考えようとせず、

女子は「かわいい服が着れるからキャバクラ嬢になりたい!」と口走る始末。

その夜、和真、亮介、長瀬、星田らが、

いつものように夜遊びをしていると、

唯の父親・光彦と出くわす。

翌朝、光彦は学校へ行こうとする唯に、

和真たちともう付き合わないようにと注意するが、唯は聞く耳を持たない。

そんな唯を心配した光彦が学校にやってきた。

光彦は、「娘を立ち直らせるためには、転校させたほうがいいと思う」

と美咲に相談するが、

唯はそんな父に反発し

「親の世話なんかならなくたってひとりで生きていける!」と、

飛び出して行ってしまう。

その夜、美咲が「クラブサザンシー」に行くと、

そこには、キャバクラ嬢姿の唯がいた――!

以上日テレ美咲ナンバーワン!!HPより


今回は進路先もまだ決められないZ組の生徒たち・・・

そんな中唯が両親と上手くいかず自分の居場所がない時期に

和真、亮介、長瀬、星田らが自分を救ってくれたと

唯は美咲に告げたのだった。

確かに15歳前後の年頃って色々な人間関係で

躓くと孤独になり易いもので、

実際に唯は和真、亮介、長瀬、星田らと出会わなければ

更なる孤独になっていたかもしれない。

そんな中唯は家を飛出し美咲が働いていた

「クラブサザンシー」に年齢を偽って体験入店する。

まあ本来はここで身分証明書を提示させなければならないけれど、

提示しなかった時点で入店させたのは本来は拙い。

でも確かに法律上は拙いんだけれど、

こういう仕事がどういう仕事で大変なのかを

インターンシップで体験させる事も

実際必要なのかもしれないとは思う。

アルバイトと違いキャバクラは接客業のプロでなければならない仕事だから、

人間関係が実際に難しい仕事だ。

そこでお客様に合わせた対応が必要であり、

自分の気持ちだけで仕事をする事はできない。

唯はそういう経験をした事がなく、

ただ笑って着飾っていれば良いものだと思っていた。

ただ実際に気難しいお客と対面した事で

仕事の難しさも知る事になったし、

ここで美咲が登場してキャバクラ嬢の仕事とは

お客様に満足して頂くお仕事で簡単な仕事じゃない事を

唯に身を持って教えたのだった。

法律上は18歳以上であれば務められるものの、

学生が入店する事は実際にはできない訳だが、

この就職難の時代においてそういう世界に流れて行く人が

いる事を思うと仕事を体験する事で

身を持って難しさを知る必要もあるのだと思うものだ。

でも本当に働く事は難しいし、

実際に色々人間関係があるから余計難しくさせるのも仕事だ。

唯も父親が何時も頭を下げて接客している姿を

身を持って知ったシーンだった。

次回はバレンタインの告白という事で

美咲は一体どんな告白を後押しするのか?

その告白に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那
アーティスト:JAMOSA
rhythm zone(2011-02-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


美咲ナンバーワン!! 1 (ビッグコミックス)美咲ナンバーワン!! 1 (ビッグコミックス)
著者:藤崎 聖人
小学館(2008-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る