2010年12月31日に放送された

第61回NHK紅白歌合戦を視聴した。

今回は当初は大物不在の中で心配された紅白だったが、

今年の大河ドラマ「江」に主演する事務所の

後輩上野樹里をアピールのために

桑田佳祐さんが出演する事が決まり

結果的にアミューズ所属のアーティストが

多数出演してピンチを凌いだが、

紅白終了後に浜崎あゆみさんが結婚を発表するなど

気がつけば話題の多かった紅白だった。
今年はTwitterで出演歌手の実況中継を行ったので

Twitterではかなり多くのつぶやきとなり

つぶやき用Blogはその3まで膨れ上がった。

そんな感じでいかに紅白に対するつぶやきが多かったのかが

わかるんだけれど、

そんな紅白は個人的に注目した

アーティストを上げていきたいと思います。

浜崎あゆみ

いきなりオープニングからウエディングドレス姿で

登場するというビックリさせた演出だったけれど、

これは自身のバージンロードだったとはある意味驚きました。

長年avexの大黒柱として頑張ってきただけに

この紅白がある意味節目になるのではないかと思います。

EXILE

スタジアムツアーを大成功させるなど

トップアーティストとして素晴らしい

ダンスパフォーマンスだけでなくボーカルでも

魅せてくれただけで十分堪能できました。

AKB48

嵐とともにオリコンランキング独占という

史上初の快挙を達成したAKB48は総勢130人という

紅白記録を達成しました。

ただこれだけ多いとメンバー個人だけを応援している人には

もの足りないのではと思うのは私だけでしょうか・・・

アンジェラ・アキ

手紙の続編となる輝く人は手紙に勝るとも劣らない

名曲で魅了してくれました。

AAA

正直どう考えてもあの人の名前で出場したものなんですよね。

メンバーが俳優女優として活躍するようになっただけに

解散してここで活動した方が今後将来性があると思うんですけれど・・・

flumpool

君に届けは映画も素晴らしかったけれど、

主題歌も実に素晴らしい曲だったので

紅白の舞台でこの曲を聴けただけでも十分堪能した次第です。

平原綾香

ダウィーンが来たで来ていた曲だけに

ロングバージョンを聴く事は少なかったけれど、

馴染みある曲だったのでやはりいい曲を歌う人だと再認識しました。

ポルノグラフティ

途中で歌詞を間違うハプニングで

あっさり認めるあたり憎めない人たちなんですよね。

そもそもポルノの曲を完璧に歌う事そのものが

実は本人たちもむずかしいのかもしれませんね。

西野カナ

ケータイ世代の歌姫は実に心を掴むのが上手いですね。

色々な曲を聴きましたけれど、

その人を想う心が彼女から感じる事ができました。

HY

私は「赤い糸」の主題歌が印象的な人たちなんですけれど、

この曲は地元沖縄での悲劇を伝えるために

歌った曲なのでこういう世代が

これから戦争の事を歌う継承が必要なのだと思います。

クミコ

広島原爆を題材にした曲で話題でしたが、

話題になっただけあってその曲はとても心に響いてきました。

徳永英明

ここ5年ほどカバー曲で再ブレークしていますけれど、

そろそろ個人的には自身の新曲を聴きたいと思いますけれどね。

水樹奈々

声優界として初出場の快挙から

今年も連続出場と声優の認知度を大きく上げてくれました。

ルックスの良い声優が多いだけに

彼女に続く人が出てくると面白い紅白になると思います。

L'Arc〜en〜Ciel

10年ぶりの出場となったラルク・・・

今年はNHKのバンクーバー五輪のテーマソングを

手掛けた事で久しぶりの登場となりましたけれど、

彼らも40代になり、こういう世代が

今後紅白に出演してほしいと思うのは

私だけじゃないはずなのでGLAYなど再び出演してほしいですね。

郷ひろみ

後半のトップバッターとして登場しましたけれど、

55歳になってもやはり郷さんは郷さんなんですよね。

還暦になってもこのスタイルは変わらないのだと思います。

aiko

もう紅白の常連となりましたが、

何時聴いても彼女の曲は女性の心を捉えるのが上手いですね。

Perfume

今年もロボットダンスで確り魅了してくれた

3人のダンスは何時観ても不思議な感触を覚えますね。

TOKIO

こちらも紅白の常連ですけれど、

リーダーも40代に入り円熟期を迎えてきました。

ジャニーズの中で異色のバンドだけに今後も楽しませてほしいものです。

福山雅治

まさかの弥太郎(香川照之)登場にビックリしましたけれど、

大嫌いじゃったという事は大好きの裏返し

という事でもあり友情出演で福山さんの断髪式を敢行する

という紅白史上でもない演出にはびっくりしました。

歌は道標はNEWS_ZEROで聴いている曲なので

宮本笑里さんとの共演は本当に魅了されましたね。

コブクロ

ドラマ「流れ星」の主題歌として記憶に新しい曲でしたけれど、

この曲を聴くと2人のハーモニーの素晴らしさを実感しますね。

植村花菜

紅白史上単独曲としては最長の7分以上の時間を

与えられた曲「トイレの神様」は

7分以上の時間を忘れさせてくれるほど世界観に引き込まれました。



2年連続売上Mo.1アーティストとして

司会とダブルで出演し今回はヒットさせた曲のメドレーで

飾ってくれました。

今後はSMAPに代わって彼らが引っ張ってくれるでしょうね。

松下奈緒

今年は「ゲゲゲの女房」で一気に女優としての

評価を上げましたけれど、司会に抜擢されただけでなく、

本来の顔の1つであるピアニストとして

いきものがかりの「ありがとう」を伴奏してくれました。

これでピアニスト松下奈緒の名前を覚えた人も

多いのではないかと思います。

いきものがかり

今年も大活躍だった3人はゲゲゲの女房で

国民的アーティストの称号を不動のものにしてくれました。

やはりこの曲はありがとうの気持ちを大きく感じる曲でしたね。

桑田佳祐

スペシャルゲストという事で紅白では

これが今後定番になるのかもしれませんけれど、

どんな形でも桑田佳祐さんを紅白で観れたのは嬉しい限りです。

この調子だと60代になってもトップで

活躍する事は間違いないでしょうね。

DREAMS COME TRUE

32年ぶりのポップス対決によるトリ対決になりましたけれど、

この30年で演歌よりのポップスが主流になっていますし、

今の40、50代がそういう世代になってきたのも

事実ですからこれからは彼女たちのように

十二分に一線で活躍し続けている人がトリを務めた方が

紅白らしくなるのではないかと思います。

SMAP

3度目の大トリを務めましたけれど、

やはり国民的エンターディナーである

彼らは40代になっても楽しませてくれる事を

予感させるパフォーマンスを魅せてくれました。

という事で振り返れば色々なアーティストが

話題を振りまいてくれた紅白だったと思いますし、

これから10年の紅白の形を観た紅白だったと思います。

今年はどんなアーティストが出演してくれるのか?

楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。