15日ドラマ「黄金の豚」最終話を視聴した。

今回は総理の不正を被せられた優は絶望して遺書を持ちながら街を彷徨う。

そんな中芯子は優の自殺を止めた。

そして総理以外の黒幕に久留米検査官がいる事を知った

芯子たちはその不正を暴こうと地下通路を使って総理官邸に入り込み、

そこで総理と久留米検査官の不正をネット配信して暴き出し

国民の税金を取り戻して芯子は自首して

1年後出所するシーンがメインだった。
ストーリー

樫永総理の疑惑に肉薄した芯子、角松、金田は謹慎を言い渡される。

「ホントにこれでいいの?」とイラつく芯子だが、

いまはカイケンを去るしかなかった。

樫永総理から責任を取るよう言われた優は、

遺書をしたため街をさまよう。

そして、樫永総理の元に久留米検査官が現れ――。

優は、芯子は権力に負け、正義をあきらめてしまうのか?

そして、この国の行方は―?

以上日テレ黄金の豚HPより


今回は前回空振りに合った事でカイケンを謹慎処分となり

去るしかなかった芯子たちは謹慎中に

優が自殺しようとしている事を知り優を探す。

優の自殺を止めたのは芯子だった。

芯子は自殺する位なら責任を総理の不正を暴く事で取れといった。

そして芯子ら4人で総理の不正を暴こうと

明珍のメモを手掛かりに不正金の行方を追った。

そしてそれは戦前に作られた地下通路だった。

戦前には私たちの知らない地下通路が作られ、

そこで政治幹部や皇族が行き来していたと言われる。

ゆえに私たちには知らない通路も今でも多くあるようだ。

そしてそこから総理官邸に乗り込んだ芯子たちは

そこで本当の黒幕久留米検査官がいた。

彼が真の黒幕だった。

彼の狙いは国家予算92兆円だった。

しかしそれは芯子たちの作戦で全ての経緯は

ネットに流され総理と久留米検査官は捕まり、

芯子は1年間刑務所で過ごしたのだった。

全9話に渡って観てきた訳だけれど、

税金を誤魔化そうとする人たちが非常に多いという事を

このドラマでは色々描かれた。

政治家の不正も絶えない中でその税金の不正を暴こうとする

会計検査庁はこれからも色々な不正を暴いていくだろう。

総評としてなかなか権力で抑え込まれる事が少なくなかった

会計検査庁だけれど、

その中でも正義を信じて頑張る姿が描かれたドラマだった。

税金の使い道を色々考えさせられたドラマでもあったけれど、

何が不正で何が適正なのかもある意味

考えさせられる事も少なくなかった。

私たちが頑張って収める税金は有効に活かされてほしいものだと思った。

さて次は来年1月からになるけれど、

もちろんこの枠は続投いたします。

次はキャバクラ嬢が教師にという事で一体どんなドラマになるのか?

そんな予想外の展開にも注目したいと思いますし、

今年色々なドラマでお世話になりました。

また来年色々なドラマでお世話になれればと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

「黄金の豚−会計検査庁 特別調査課−」DVD-BOX「黄金の豚−会計検査庁 特別調査課−」DVD-BOX
出演:篠原涼子
バップ(2011-03-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


日本テレビ系水曜ドラマ 黄金の豚 ─会計検査庁 特別調査課─ オリジナル・サウンドトラック(仮)日本テレビ系水曜ドラマ 黄金の豚 ─会計検査庁 特別調査課─ オリジナル・サウンドトラック(仮)
アーティスト:菅野祐悟
バップ(2010-11-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


守ってあげたい守ってあげたい
アーティスト:伊藤由奈
SMR(2010-11-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る