6日Jリーグアウォーズ2010の表彰が行われ、

MVPには名古屋グランパスの楢崎正剛がGKとして初めて選ばれた。

楢崎正剛は今年全34試合に出場し、

攻撃的な名古屋にあって最後の砦を体を張って守り切り

名古屋初のリーグ優勝に貢献した。

ベストイレブンには

GK楢崎正剛

DF田中マルクス闘莉王、増川隆洋、槙野智章

MF中村憲剛、マルシオ・リシャルデス、藤本淳吾、ダニルソン、遠藤保仁

FW前田遼一、ケネディ

が選ばれた。

新潟からはマルシオが新潟史上初のベストイレブン入りを果たした。

これでJリーグのリーグ戦表彰が終わりアジア杯へ向かう。
やはり名古屋勢が5人占めるという名古屋の年を象徴した

シーズンとなった訳だけれど、3位セレッソ大阪、

昨シーズン王者で4位の鹿島から1人も選ばれない

という事はある意味意外だった。

DFなら茂庭、岩政がいたのでどちらかが選ばれると思ったけれど、

やはり優勝した名古屋の増川の方が印象的だったのだろう。

MFには乾、野沢がいただけに

攻撃的MFとして観たら確かにマルシオ、藤本が得点を取っているし、

ボランチで遠藤と中村憲剛の印象が強過ぎるという点があるだろう。

FWはこれはほぼ文句なしに得点王の2人になったというところだ。

それ以外の受賞は

得点王は前田遼一、ケネディが分け合ったが前田は2年連続受賞となった。

ベストヤングプレーヤー賞には18歳の宇佐美貴史が選ばれ、

フェアプレー賞・高円宮杯は広島

フェアプレー賞・J1は山形、横浜M

フェアプレー個人賞は槙野智章

最優秀監督賞はストイコビッチ

最優秀主審賞は西村雄一

最優秀副審賞は相楽亨

Jリーグ・ベストピッチ賞は

日産スタジアム、アウトソーシングスタジアム日本平

最優秀育成クラブ賞はFC東京

が選ばれた。

その中で嬉しいのは新潟のマルシオ・リシャルデスが

新潟史上初のベストイレブンに選ばれた事だ。

MFとして今季最高得点となる16ゴール、

内8ゴールがセットプレーからとなる得点と

これはJリーグ記録を更新という事で

これは文句なしの受賞となったし、

これもチーム一丸となって取ったベストイレブンだ。

新潟にとっても特別賞以外での主要タイトルが

これが初めてという事で前田、マルシオ以外は

上位チームが締めた事を踏まえると

マルシオの印象度はそれだけ大きかった事を物語っている。

残念ながらベストピッチ賞は夏の猛暑のために逃したけれど、

来季はこの中で是非最優秀育成クラブ賞を新潟は狙いたいところだ。

若手が多数在籍しているチームにチャンスがあるだけに来季は注目したい。

新人王から改名されたベストヤングプレーヤー賞だけれど、

確かに新人王というのはその年限りというイメージがあるので

この響きの方がシックリ来るだろう。

その中で高校生Jリーガー宇佐美貴史が選ばれた。

次の世代のエースという事で今後の成長に期待したいところだ。

この中からさらに世界に羽ばたく選手が出てくる事を期待したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

2010 Jリーグ名古屋グランパス優勝 赤鯱初制覇 2010年 12月号 [雑誌]2010 Jリーグ名古屋グランパス優勝 赤鯱初制覇 2010年 12月号 [雑誌]
中日新聞社(2010-11-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


名古屋グランパス1992-2010 初優勝への軌跡 2011年 1/1号 [雑誌]名古屋グランパス1992-2010 初優勝への軌跡 2011年 1/1号 [雑誌]
日本スポーツ企画出版(2010-11-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


Jリーグ名古屋グランパス優勝号 2011年 1/1号 [雑誌]Jリーグ名古屋グランパス優勝号 2011年 1/1号 [雑誌]
ベースボールマガジン(2010-11-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る