18日プロ野球セントラル、パシフィック両リーグの

MVP、新人王、ベストナインが発表され、

セントラルMVPは中日の和田一浩選手、

パシフィックMVPは福岡の和田毅投手が選ばれた。

新人王はセントラルが巨人の長野久義選手、

パシフィックは北海道の榊原諒投手が選ばれた。

ベストナインはセントラルは2位阪神から最多4人が選出され、

パシフィックは全チームから1人以上選出された。

これで今季のプロ野球表彰が終了しプロ野球は完全オフに入る。
MVPはやはりタイトル以上に貢献度が重視されるものだけれど、

セントラルは優勝した中日から和田一浩選手が選ばれた。

確かに成績的にも文句ないし、

中日のシーズン途中から4番になってからの貢献度は

本当に見事だっただけに文句なしの受賞だろう。

新人王は巨人から長野久義選手が3年連続で選出された。

まあ他にずば抜けた選手がいなかっただけに順当な選出だ。

ベストナインは試合数的に1番出場したポジションで

選出される事もあり阪神からタイトルを取ったマートン、

高打率の平野選手、1塁手として好成績を上げた

ブラゼルは順当だけれど、

ショートは盗塁王と3割を打った梵選手ではなく鳥谷選手が選ばれた。

これは印象度の問題だと思うけれど優勝争いをした

阪神の鳥谷選手の方が印象が強かったのだろう。

パシフィックではMVPは和田毅投手が選ばれた。

パシフィックは好投手が多いので投手が選出されるケースが目立っている。

確かにパシフィックは投高打低的な部分がありパシフィックで

打撃成績を残すのが難しいのはある。

新人王は北海道2年目で10勝を上げた榊原諒選手が選ばれた。

1年目で成績を残せた選手がいなかったゆえの

2年目選手の受賞となったけれど、

来季はここに数多くの1年目の投手が凌ぎを削りそうだ。

ベストナインはこれまた珍しく全チームから選出されるという事になった。

それだけ各チームの戦力差が少なかったという事になるだろうけれどね。

という事でセントラルは打撃陣が、

パシフィックは投手陣が印象に残ったシーズンでしたね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。