13日2010日韓クラブチャンピオンシップ

日本王者千葉ロッテ対韓国王者SK戦が東京ドームで行われ、

3対0で千葉ロッテが完封リレーで勝利し日本王者の面目を保った。

試合は千葉ロッテ先発唐川投手、SK先発門倉投手の投げ合いで始まり、

2回に千葉ロッテが2番清野選手の2点タイムリーで2点を先制すると、

5回には5番今江選手のホームランで追加点を上げた。

投げては先発唐川投手が5回を無失点に抑えその後2番手薮田投手、

3番手内投手、4番手伊藤投手、最後は抑えの小林宏投手が抑えて

千葉ロッテが日韓戦を制した。

これで千葉ロッテは日韓戦も制して

今年のプロ野球の日程の最後を有終の美で終えた。
千葉ロッテが初めてアジアシリーズに出場してから

5年ぶりの出場となったけれど、

毎年日本勢が優勝して当然と思われているシリーズだけに

ある意味継続するプレッシャーはあったと思う。

ただ韓国のSKはアジア大会に選手を派遣しており

ベストメンバーとは程遠いメンバーで挑んだ。

千葉ロッテは金が抜けたもののほぼベストメンバーで戦った。

結果的に千葉ロッテの投手陣が3回以降パーフェクトに抑えたけれど、

それだけ千葉ロッテの中継ぎ陣の質の高さを見せつけた格好だ。

ただ千葉ロッテもオフには何人か移籍する選手がいるので

今の中継ぎ陣の中から来季の抑えを決めなければならないが

今日の内容を見る限りその心配は少ないだろう。

それよりこれで6年連続日本勢が制した事で

来年度から再開されるアジアシリーズもより出場チームは

プレッシャーを感じる事になるだろう。

これで今シーズンが終了した。

また来シーズンこういう素晴らしい戦いが繰り広げられる事を

楽しみにオフに入りたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

千葉ロッテマリーンズ オフィシャルDVD 2010 「和」の結実 逆転日本一への軌跡!千葉ロッテマリーンズ オフィシャルDVD 2010 「和」の結実 逆転日本一への軌跡!
出演:千葉ロッテマリーンズ
ポニーキャニオン(2010-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ロッテミラクル日本一 (NIKKAN SPORTS GRAPH)ロッテミラクル日本一 (NIKKAN SPORTS GRAPH)
日刊スポーツ出版社(2010-11-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


日本シリーズ 千葉ロッテマリーンズ 優勝号 2010年 11/27号 [雑誌]日本シリーズ 千葉ロッテマリーンズ 優勝号 2010年 11/27号 [雑誌]
ベースボールマガジン社(2010-11-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る