7日、日本シリーズ2010中日対千葉ロッテ第7戦が

ナゴヤドームで行われ

延長12回7対8で千葉ロッテが壮絶な延長戦を制して

5年ぶり4度目の日本一に輝いた。

試合は中日先発吉見投手、千葉ロッテ先発渡辺俊介投手の投げ合いで始まり、

初回に千葉ロッテが3番井口選手のタイムリー2ベース、

4番サブローの犠牲フライで2点を先制するが、

その裏中日は3番森野選手のタイムリー、6番野本選手のタイムリー、

7番谷繁捕手の犠牲フライで逆転に成功する。

2回にも中日2番大島選手のタイムリー、

3回には1番荒木選手の犠牲フライ、

2番大島選手のタイムリーで2点を追加した。

しかし千葉ロッテは4回に8番岡田選手のタイムリーで1点を返すと、

5回には5番今江選手、7番里崎捕手のタイムリーで同点に追いついた。

千葉ロッテは7回に5番今江選手の打球を中日のミスで2塁に進塁し、

暴投で6番金のタイムリーで勝ち越しに成功し、

このまま終わると思われた9回中日は

4番和田選手の3ベースから5番ブランコの犠牲フライで同点に追いつき

延長戦に中日は浅尾投手に全てを託した。

中日も延長10回にチャンスを掴んだが得点できずに迎えた

延長12回千葉ロッテは2死2塁から

8番岡田選手のタイムリー3ベースで浅尾投手は力尽きた。

最後は6番手伊藤投手が3人で抑えて

千葉ロッテが史上初3位からの5年ぶり4度目の日本一に輝いた。

これで日本シリーズは千葉ロッテが崖っぷちの戦いから

下剋上を達成して日本一に輝いて球史に残る名勝負に決着をつけた。
本当に球史に残る日本シリーズの戦いだった。

総力戦に相応しい試合の連続に最後まで目が離せなくなったけれど、

最後はやはり多くミスをしたチームが負けたという事なのかもしれない。

この試合振り返れば守備の中日がこれほどらしくない

ミスの連続をするものなのだろうか?

と思うほどミスの連続だった。

特に7回の守備は2塁の井端選手が確り止めていれば

シングルで終わっていた。

そこにネルソンの暴投で3塁まで進塁させタイムリー・・・

もう失点の典型というべき内容だったし、

12回も無死からの四球と失点する材料をあまりにも作り過ぎた。

千葉ロッテも再三のピンチを背負ったけれど、

先頭打者を出したのは4回以降9回と10回だけで

しかも全てヒットからだ。

和田選手の3ベースは仕方ないとしても

ヒットで走者を出した事で野手陣は割り切っていたし、

小林宏投手も開き直って投げていた。

対して9回から登板した浅尾投手は

9回と12回に四球で走者を出してしまった。

9回は何とか抑えたけれど、12回は抑えられなかった。

ヒットは仕方ない。

しかし四球は防げるという鉄則が

最終的に千葉ロッテと中日との差となって表れた。

昨日も中日は尽くチャンスを潰し続けた。

これだけ潰し続けたら投手陣が耐えられなくなるのは必然だし、

取れる時に取らないと流れは千葉ロッテに行ってしまった

というのがこのシリーズの総括だろう。

それでも最後まで両チームとも名勝負を演じてくれた。

史上初地上波中継がなかったり、

史上初めて延長15回による引き分け(引き分けは24年ぶり)

という戦いは観ている側としては面白かったし、

放送しない事そのものが問題だろう。

ただ延長戦の事などを考慮すると

来年は土日に限りデーゲーム開催復活が必然だろうし、

必ず地上波で放送できる体制を取ってほしいというのがある。

これだけの名勝負が観れないというのは

大きな損失になりかねないからね。

史上初めて3位からの下剋上となった訳だけれど、

千葉ロッテのここまで来る過程を振り返れば

日本一になるに相応しい試合をを展開し続けた。

この戦いをしてなお日本一と認めないのは野球ファンとして

少し考えが狭いと思う。

ルールの中で私たちが戦っている訳だから

リーグ1位になって日本シリーズに進めなかったのは

それだけ大舞台に弱いから他ならない。

それを言われたくなければ勝って証明するしかないのだ。

日本シリーズを取れなかった落合監督は相当悔しいと思うし、

やはりリーグ優勝して日本一を取りたいと常々言っていた。

だから来年中日も再びリーグ1位から日本一を目指すだろうし、

千葉ロッテも来年こそリーグ1位から日本一を目指す事になるだろう。

おめでとう千葉ロッテ!あなたたちは本当に強かった。

中日ドラゴンズの皆さん最後まで名勝負ありがとう!

セントラルリーグ代表として悔しいと思います。

でもこのシリーズは名勝負として語られるでしょう。

千葉ロッテは次は韓国王者との戦いが待っています。

3位のチームに負けられないと韓国王者は向かってくるでしょうけれど、

日本チームの力を存分に発揮してほしいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

(仮)千葉ロッテマリーンズ オフィシャルDVD 2010 〜144の結実・新たなる伝説へ〜(仮)千葉ロッテマリーンズ オフィシャルDVD 2010 〜144の結実・新たなる伝説へ〜
出演:千葉ロッテマリーンズ
ポニーキャニオン(2010-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


BUILDING OUR DREAM ! 2005 千葉ロッテマリーンズ激闘録 [DVD]BUILDING OUR DREAM ! 2005 千葉ロッテマリーンズ激闘録 [DVD]
バップ(2005-11-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


夢の翼! ~2005千葉ロッテマリーンズ激闘の真実~ [DVD]夢の翼! ~2005千葉ロッテマリーンズ激闘の真実~ [DVD]
ポニーキャニオン(2005-11-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


千葉ロッテマリーンズ 優勝記念DVD BOOK (宝島MOOK)千葉ロッテマリーンズ 優勝記念DVD BOOK (宝島MOOK)
宝島社(2005-11-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る