3日Jリーグ10ナビスコカップ決勝

ジュビロ磐田対サンフレッチェ広島戦が行われ、

5対3で延長戦まで戦いFW前田の同点ゴール、

延長後半試合を決めるダメ押しゴールで

MVPを獲得しジュビロ磐田が

12年ぶり2度目のナビスコカップ優勝を果たした。

試合はこう着状態から迎えた前半36分磐田が

FW前田のクロスをMF船谷のゴールで先制するが、

広島の前半43分MFミキッチのクロスを

FW李のゴールで同点に追いつき1対1で折り返した。

後半開始早々磐田のDFイ・ガンジンの負傷を突き

MF山岸のゴールで勝ち越しに成功し

そのまま広島リードで後半が過ぎるが、

後半43分磐田はCKから

FW前田のゴールで同点に追いつき延長戦に突入した。

延長戦に突入した延長前半11分磐田がCKから

MF菅沼のゴールで勝ち越しに成功し、

延長前半13分に磐田がFW山崎のゴールで

追加点を上げてリードを広げたが、

延長前半ロスタイム広島はFKからDF槙野が直接決めて

1点差にして延長後半に突入した

延長後半3分磐田はFW前田のゴールで

再び2点リードで守備を固め広島は最後まで攻めて

延長後半ロスタイムにPKのチャンスを得るが、

DF槙野がこれを外して磐田が12年ぶり2度目の王者に輝いた。

これでナビスコカップは壮絶な死闘の末磐田が

久しぶりのタイトルを獲得して幕を閉じた。
ナビスコカップでは久しぶりの延長戦となったけれど、

延長戦に突入してから両チームの意地のぶつかり合いで

それぞれ激しい攻防を展開した。

試合展開としたら広島が後半に勝ち越してから

逃げ切り体制を整えたけれど、

元々広島は1点リードを逃げ切るチームじゃないので

こういう逃げ切りの戦いには慣れていなかった。

磐田はリードされていたので逆に攻撃のカードを切り易かったし、

これが後半43分にFW前田のゴールで追いついて優位にした。

この時点で両チームカードを切り終わっていたけれど、

磐田が攻撃のカードを切っていたのに対し、

広島は守備のカードを切っていた事で攻撃的には磐田が優位だったし、

前線の運動量という点では磐田がFW山崎、

MF菅沼を入れた事で攻守の切り替えがはっきりしたのに対し、

広島は守備のカードを切った事で攻撃しづらい状況になった。

延長戦に突入した事で両チーム足が止まり、

足がつり満身創痍の中で磐田が菅沼、山崎と

フレッシュな選手た次々とゴールを決めた。

これで最後あhFW前田が決定的なゴールで試合を決めたけれど、

広島のDF槙野のFKで1点差とし、

最後もPKのチャンスで諦めなかったが、

最後はGK川口が止めて初のタイトルはならなかった。

磐田も2000年代前半の黄金時代から

2000年代後半は降格争いを展開するなど

世代交代に失敗したのが低迷の原因だけれど、

この優勝で再び上位を戦えるチームになるかと言われると

ちょっと戦力がまだまだ足りない印象がある。

リーグ戦中位のチーム同士の戦いだった

今回のナビスコカップ決勝だけれど、

両チーム拮抗した相手だったからこそ

最後まで激しい戦いを展開された戦いだった。

おめでとうジュビロ磐田!

久しぶりに白熱する戦いをみせてくれて両チームありがとう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。