20日セントラルリーグクライマックスシリーズ10

ファイナルステージ第1戦中日対巨人戦がナゴヤドームで行われ、

5対0で中日が初回の集中打で4点を上げてそのまま逃げ切り

巨人は完封負けで対戦成績を2勝0敗と中日が2勝リードした。

試合は中日先発チェン、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が3番森野選手のタイムリー5番ブランコのタイムリー、

6番藤井選手の2点タイムリーで4点を先制すると、

先発チェンが巨人打線を3回まで完璧に抑え、

ピンチの4回、5回も要所を締めて7回途中まで好投した。

中日は7回に8番堂上直選手のタイムリーでダメ押しし、

最後は抑えの岩瀬投手が締めて中日が2勝とした。

これで巨人はナゴヤドーム10連敗となり

日本シリーズ進出は極めて厳しい状況に追い込まれた。
やはり阪神のような戦いは難しいと言わざる得ない内容だった。

坂本選手が試合直前の怪我で欠場したのを差し引いても

あまりにも打線は厳しい内容だったし、

それだけ中日投手陣が確り要所を抑えた証拠でもある。

それ以上に1番やってはならなかった先取点を4点も

与えてしまった事で完全なる中日ペースになったのがこの試合の全てだろう。

これで中日が2勝として厳しい状況に追い込まれた。

果たしてここから巨人は反撃できるのか?

2戦目の戦いに注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。