9日パシフィックリーグクライマックスシリーズ10

ファーストステージ第1戦埼玉西武対千葉ロッテ戦が行われ、

5対6で千葉ロッテが9回に追いつき、

延長11回福浦選手の勝ち越しホームランで

埼玉西武に逆転勝利を収めファイナルステージ進出に王手を掛けた。

試合は埼玉西武先発涌井投手、千葉ロッテ先発成瀬投手の投げ合いで始まり、

2回に埼玉西武が5番中村選手のホームランで先制すると

先発涌井投手が7回まで無失点に抑える。

成瀬投手も7回まで1失点と両者譲らず迎えた8回

千葉ロッテは1番西岡選手のホームランで同点に追いつくが、

その裏埼玉西武が成瀬投手を捉え、

2死満塁から代打大島選手の2点タイムリーで勝ち越すと

1番栗山選手のタイムリーで3点をリードした。

しかし千葉ロッテも9回に粘りを見せて抑えのシコースキーから

3連打を含む集中打で同点に追いつき

試合は延長戦に突入し延長11回千葉ロッテは

5番福浦選手のホームランで勝ち越し投げては

抑えの小林宏投手が2イニングを抑えて埼玉西武に逆転勝利を収めた。

これで千葉ロッテはファイナルステージ進出に王手を掛けた。
7回までは手に汗握る投手戦を展開したが、

8回からは目まぐるしく変わる試合展開にまさに死闘というべき戦いだった。

8回まで埼玉西武は涌井投手が確り抑えて8回に打線が大逆転したところで

9回を迎えて抑えのシコースキーを投入して逃げ切りを図ろうとしたが、

そのシコースキーが誤算だったのが埼玉西武の全てだった。

千葉ロッテの粘りも見事だけれど、

それも最後まで諦めずクライマックスシリーズ進出権を

最終戦で勝ち取った勢いそのままというのが表れた試合だった。

千葉ロッテが勢いのまま勝ち進むのか?

それとも埼玉西武が踏ん張って第3戦に持ち込むのか?

目が離せない第2戦となった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。