26日大河ドラマ「龍馬伝」第39話を視聴した。

今回は龍馬が長州軍に加勢し幕府軍と戦う。

馬関の戦いでは奇襲攻撃が功を奏し幕府軍に

歴史的な敗北を与える勝利で幕府の権威を一気に傾きかけた。

そんな中龍馬は武力弾圧ではなく大政奉還を唱えるが、

木戸がこれを拒否しこれができれば奇跡だと言われ、

龍馬もその奇跡が起こらなければ日本は滅ぶと説くのだった。

その頃弥太郎は長崎で土佐藩の商売を始めたが

何処へ行っても龍馬を通してほしいと言われ、

龍馬の偉大さを痛感するシーンがメインだった。
ストーリー

下関に到着した龍馬ら亀山社中は、長州軍に合流。

高杉率いる武士ではない者たちを集めて結成した奇兵隊と交流し、

こういう人たちのために新しい世の中を築かねばと確信する。

しかし龍馬は高杉が労咳を病んでいることを知り、

イギリス行きをやめてこの戦に挑む高杉の覚悟を感じるのだった。

龍馬たちは海軍操練所仕込みの操船術で、夜半の奇襲作戦を行う。

小倉に上陸した高杉と奇兵隊は幕府軍に大勝利。

おりしも14代将軍・家茂が死去したことで幕府は停戦に持ち込もうとする。

このことで長州は一気に武力で幕府を倒そうという機運が大きくなるが、

龍馬は木戸に戦はこれきりにしてほしいと頼む。

しかし、木戸はもはや武力討幕の道を選ぼうとしていた。

一方、長崎にやってきた弥太郎は土佐商会を開き、

溝渕を呼び寄せて万次郎を通訳にし、

グラバーや大浦慶に樟脳(しょうのう)を売ろうとするが、

皆に、土佐なら龍馬を通して商売の話をしてくれと言われ、激怒する。

以上NHK龍馬伝HPより


いよいよのこすところもあと10回という事で

龍馬の1年間の命となる戦いが始まった。

まず馬関の戦いについては数で劣る

長州軍にとって勝つには守るだけでなく、奇襲攻撃が必要だった。

それに応えるように龍馬は夜明け前に軍艦を率いて

敵陣へ切り込み小倉城を攻略する事に成功し

長州軍が幕府軍に歴史的な勝利を挙げた。

この直後14代将軍家茂が急死し幕府は大きく揺らぎ始めた。

戦いの直後龍馬はこれ以上攻めるのではなく、

幕府に政権を返上させるために味方を増やし圧力で倒す事を話すが、

木戸がこれを拒否し、過去にこう唱えた人が

何人もいたが断念した経緯を話す。

それでも龍馬は大政奉還しなければ日本は滅ぶを言うが、

木戸はそれは奇跡に等しいと言う。

確かにこの時は幕府が政権を手放すはずがないと

誰もが考え滅ぼす以外にないと殆どの反幕府軍そう考えていたはずだ。

しかしこう唱える人がいなければ

おそらく江戸城無血開城はなかっただろうけれどね。

その頃弥太郎が長崎で土佐藩の商売を始めたが、

ここで弥太郎は龍馬の壁にぶつかる。

確かに長崎では既に龍馬が亀山社中を設立していた訳だから

当然専売特許は龍馬の亀山社中にあるし、

亀山社中が苦労して築いた関係に対して

そう簡単に入れる訳がなかった。

それは当然だ。

龍馬は長崎で長州に軍艦交渉に成功し、

そして長州と薩摩の同盟を成功させた実績は想像以上の大きさだった。

それに弥太郎は龍馬の土佐を離れた後の功績の大きさを痛感したのだった。

次回は弥太郎が土佐藩の商売を長崎でできるように

龍馬を後藤象二郎に合わせようとする。

果たして弥太郎は長崎で龍馬を説得する事ができるのか?

その交渉に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しております。

【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]
出演:福山雅治
Amuse Soft Entertainment =dvd=(2010-09-22)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)
出演:福山雅治
アミューズソフトエンタテインメント(2010-11-26)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3
アーティスト:佐藤直紀
ワーナーミュージック・ジャパン(2010-09-08)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
著者:福田 靖
日本放送出版協会(2010-06-30)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る