26日横浜対巨人戦が横浜スタジアムで行われ、

3対2で横浜が8回に勝ち越し、

巨人は4番ラミレスの2本のホームランを守り切れず

阪神にマジックが点灯しV逸目前と迫った。

試合は横浜先発眞下投手、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、

2回に横浜は5番ハーパーのホームラン

3回には3番内川選手のタイムリー2ベースで2点リードしたが、

巨人は4回に4番ラミレスのホームランで1点差とし、

6回にまたも4番ラミレスのホームランで同点に追いついた。

しかし横浜は8回に6番カスティーヨのタイムリーで勝ち越し

9回に横浜は抑えの山口投手に抑えられ

巨人は痛恨の敗戦となり巨人の4連覇は風前の灯となった。
総力戦で挑んだ結果なんだけれど、

やはり打線が尽く抑えられラミレスのホームラン以外

チャンスらしいチャンスで下位打線と不運だった。

これを今の投手陣で守り抜くことそのものが

厳しい状態だったわけで4連覇はこれでほぼ絶望的になった。

このあと行われる中日が敗れない限り

という条件だがまず敗れる可能性は無いに等しいだろう。

ただ阪神にマジックが点灯したとは

いえ残り試合全て勝つ事が条件のようなものなので

マジック9もしくは8というの自力とはいえ厳しい数字だ。

逆に1試合でも敗れると中日にマジック1が点灯する。

その時点で巨人は2位を狙わなければならない。

V逸しても日本シリーズ2連覇はまだ可能なので

最後まで諦めない戦いを展開してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しております。