23日巨人対横浜戦が東京ドームで行われ、

2対5で横浜が一発攻勢で巨人の反撃を振り切り、

巨人は痛恨の敗戦で首位中日とのゲーム差を縮める事ができなかった。

試合は巨人先発ゴンザレス、横浜先発大家投手の投げ合いで始まり、

3回に横浜が3番ハーパーの2ランで先制するが、

4回に巨人が5番阿部捕手、

6番由伸選手のタイムリーで同点に追いついた。

しかし6回に横浜が7番カスティーヨの2ランで勝ち越すと、

8回には4番村田選手のホームランで突き放した。

巨人は5回以降チャンスらしいチャンスを作れず敗れ

首位中日が敗れたもののゲーム差を縮める事ができなかった。

これで巨人は最下位横浜に痛恨の1敗を屈して

リーグ4連覇は厳しくなった。
絶対落とせない3連戦で最後の3試合目を落した。

この間に中日が阪神に3タテすればこれでもよかったが、

どういう訳か巨人が勝つと勝ち、

巨人が負けると負けるというのがかなり続いている

という事で中日の残り3試合で2勝したら

巨人は中日の負け数を下回れないので

引き分けの多い中日を上回れず

この時点で1敗でもすれば1位がなくなる。

そうでなくても中日は3試合に対して巨人は8試合、

阪神は10試合残している事を踏まえたら

阪神との直接対決が2試合全勝しなければならない。

中日が残り3試合で3敗すればまだ1敗は許されるが

状況からして厳しいと言わざる得ない。

阪神との直接対決、さらに下位相手に

取りこぼせない戦いはトーナメント戦を強いられることになった。

試合を振り返るというのはこの時点では

あまりしても意味をなさないし、

この状況では負けたらリーグ1位はないという事だけが目の前にある。

8試合全勝中日が3試合で2敗する事があれば

逆転Vだが現状確率が低い中で果たして奇跡はあるのか?

もう自分たちを信じて戦うしかないだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。