15日東京ヤクルト対巨人戦が神宮球場で行われ、

2対5で巨人がエドガーの走者一掃のタイムリー2ベースを

守り切り5連勝で2位に浮上した。

試合は東京ヤクルト先発由規、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、

5回まで両投手許らず迎えた6回巨人は

5番阿部捕手のタイムリー2ベースで先制すると

1死満塁から7番エドガーの走者一掃タイムリー2ベースで

4点のリードを奪った。

しかしその裏東京ヤクルトは3番畠山選手の2ランで追い上げるが、

9回に代打矢野選手のホームランで貴重な追加点を上げて、

最後は4番手越智投手が締めて巨人は5連勝で2位に浮上した。

これで巨人は5連勝と連勝を伸ばし首位中日を追いかける。
もう負けられない試合が続くけれどここまで来たら

無理に先発を引っ張らずダメだと思えば

即交代という決断は間違いじゃない。

だた抑えについては日替わりにしなければならないのは

いささか苦しいと言わざる得ない。

抑えさえ万全ならここまで厳しい戦いを強いられない訳だが、

クルーンが不安定で山口、越智投手も本調子とは言えない中での

やりくりだけにその時の調子に応じて日替わり起用となるのが

一抹の不安ではある。

とにかく明日終われば1日空くだけに全力で勝利を掴んでほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。