12日巨人対広島戦が東京ドームで行われ、

5対1で巨人が坂本選手のホームランとタイムリーの活躍で勝利し

3連勝で優勝戦線に生き残った。

試合は巨人先発ゴンザレス、広島先発斎藤投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が1番坂本選手のホームランで先制すると、

3番小笠原選手にもホームランが飛出し初回に2点を先制する。

5回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで追加点を上げるが、

6回に広島は3番天谷選手のタイムリーで1点を返すが、

その裏巨人は1番坂本選手の2点タイムリー2ベースで試合を決めた。

投げては先発ゴンザレスが5回途中1失点に抑え、

2番手久保投手、3番手山口投手、4番手越智投手、

最後は抑えのクルーンが締めて巨人は3連勝で優勝戦線に生き残った。

これで巨人は2位阪神とのゲーム差を1として残り試合に全てを掛ける。
崖っぷちとなった3連戦は新潟でサヨナラ勝ちをしてから

勢いに乗った感じだ。

横浜戦での不覚を広島戦で取り返したが

打線が復調した事で投手陣も復調し始めているので

投打のバランスが良くなってきている。

坂本選手がこの3連戦で完全に調子を取戻し、

ラミレスももう3割目前だ。

これから4位東京ヤクルト、2位阪神との直接対決で

確り勝ち越していかなければ

優勝戦線から完全に脱落するだけに

厳しいビジター6試合となるけれど踏ん張ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。