9日横浜対巨人戦が横浜スタジアムで行われ、

10対7で横浜が巨人先発内海投手をKOして勝利し、

巨人は最下位横浜に痛恨の敗戦を屈した。

試合は横浜先発藤江投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、

2回に巨人が5番阿部捕手のホームランで先制するが、

その裏横浜は併殺崩れの間に同点に追いついた。

しかし3回に巨人は3番小笠原選手の犠牲フライ、

4番ラミレス、6番脇谷選手のタイムリーで3点のリードを奪ったが、

4回に先発内海投手が捕まり一挙5点を失いKOされると、

巨人は6〜8回に立て続けに失点を許し9回に3点を返したが及ばなかった。

これで巨人は最下位横浜に痛恨の敗戦を屈して首位阪神、

2位中日とのゲーム差を縮められなかった。
内海投手がKOされたのは仕方ないにしても

まだリードを2点しか許していなかっただけに

終盤の失点が試合を完全に壊す結果となった。

リードを許してから1点でも返していれば

勝ちパターンの投手を投入できたのかもしれないが

そこで歯止めを掛けられなかったのも

ある意味今年の巨人を象徴するシーンなのかもしれない。

打線は7点返したからまだ良しとしたいが、

先発陣はとにかく6回まで全力で投球して

後ろへ回していきたいところだし、

2点のリードなら1日休みがあった訳だから

素早くリリーフ陣に見切りをつけなければならなかった。

もう9月!ダメなら素早く交代する事も必要だ。

明日は新潟での試合だけれど、

明日はホームゲームとしては

実に5年ぶりの観戦となるので

観戦コラムとして詳しく論評したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。