1日Jリーグ10ナビスコカップ準々決勝第1戦が各地で行われ、

ACL組対決では

鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ戦は2対1で

鹿島が2トップのゴールで先勝した。

サンフレッチェ広島対ガンバ大阪戦は0対1で

ガンバ大阪がルーカスのゴールを守り切った。

予選突破組は

FC東京対清水エスパルス戦は1対1でドローとなり

ザック監督の初視察はドローだった。

ジュビロ磐田対ベガルタ仙台戦は2対1で

磐田がジウシーニョ、西のゴールで先勝した。

これでナビスコ杯は第1戦を終えて

鹿島、ガンバ、磐田が1点リード、清水、東京がドローで第2戦を戦う。
ザック監督の初視察となったナビスコ杯だけれど、

就任早々試合観戦という事で

代表戦よりも重要だった試合になる訳だが、

果たしてこの試合で清水の岡崎、東京の今野のプレーが

どう映ったのだろうか?という事になるだろう。

いかんせん10月まで各クラブの練習まで

視察するという話だから限られた時間でどんな人選をするのか?

逆に楽しみではある。

オシムの時も相当メンバーが代わっただけに身長の高い選手、

そしてセンターバックの選手は大いにアピールするチャンスかもしれない。

ACL組はともかく、残留争いをしている

磐田、東京、仙台がナビスコ杯を戦っているだけに

3チームは本来ならとてもナビスコを戦っている場合じゃないと思うが、

ここで勝利して調子を取り戻したいという意図が

感じられる試合にしたいところだ。

第2戦でベスト4へ近づいている

鹿島、ガンバ、磐田がそのまま逃げ切れるか?

第2戦に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。