26日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

10対4で巨人が坂本選手の先頭打者を含む2打席連続、

ラミレスの史上初8年連続100打点を決める3ランなど

2回までに5発の一発攻勢で中日に圧勝し

ホーム5勝1敗で首位奪還し長期ロードに出る。

試合は巨人先発内海投手、中日先発吉見投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が1番坂本選手の先頭打者ホームラン、

4番ラミレスの8年連続100打点となる3ラン、

7番長野選手のホームランで5点を先制すると、

2回にも1番坂本選手の2打席連続ホームラン、

3番小笠原選手のホームランで2点を追加し先発吉見投手をKOした。

中日も3回に3番和田選手の3ランで反撃するが、

その後両チームとも得点できず迎えた

7回巨人は4番ラミレスの2ランで引き離した。

先発内海投手は4失点をしながらも完投して巨人は再び首位奪還した。

これで巨人は2週間ホームから離れ長期ロードに出る。
やはり阿部捕手がいるといないでは

これだけ違う結果になる事を証明したホーム6試合となったけれど、

クリーンナップが3人揃った時の巨人は強い事を証明しているけれど、

それ以上にこのピンチといえたホーム6試合で

5勝1敗と阪神に3タテ含む勝ち越しができた事が大きい。

打線が再び好調になった事で投手陣に

大きな援護ができたのがこの6試合の勝因だ。

ただこれから東京ドームに戻るまで地方球場を含め

ビジターが多く続くだけにこれからが本当の勝負になる。

この2週間の戦いでどれだけの戦いができるのか?

中日戦までの5試合は何としても勝ち越したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。