12日東京ヤクルト対巨人戦が神宮球場で行われ、

6対3で東京ヤクルトが巨人を3タテし9連勝とし、

巨人は阪神が勝利したために首位陥落した。

試合は東京ヤクルト先発由規投手、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

3回に東京ヤクルトが5番畠山選手の犠牲フライ、

7番宮本選手のタイムリーで2点を先制するが

4回に巨人が6番由伸選手のタイムリーなどで2点を返す。

しかしその裏東京ヤクルトが3番飯原選手の2ラン、

5番畠山選手の2ランで4点をリードした。

その後巨人も8回に3番小笠原選手のタイムリー2ベースで

1点を返したが反撃及ばず対東京戦3タテを食らい首位陥落した。

これで巨人は再び首位陥落し、

東京ヤクルトが9連勝でCS争いが見えるところまで浮上してきた。
投手陣崩壊で試合を作れない日々が続くけれど、

巨人も阪神も調子のよくないところに

東京ヤクルトと当たってしまったのがある意味不運ではある。

それでも打線が悪いと錯覚するのは如何なものなのだろうか?

この3連戦で坂本選手を1番から外したけれど、

これにより1,2番は相手から観たら非力に映ってしまう

1番松本、2番脇谷選手と長打を警戒しなくて

良い分打線の迫力が多少なりとも相手に対する

長打の脅威は1,2番ではまずない。

1番坂本選手を置くのはトップに戻った時に走者を返す意味もあり、

坂本選手を8番に置いたら打線的にもマイナスになる。

ここは再びホームに戻るのだから坂本選手を再び本来の1番に戻し、

2番に松本選手に戻すべきだろう。

問題は先発投手陣だけれど、

東野投手まで打たれた事で確かに焦るのはわかる。

しかし内海投手らの調子が悪いからと言って

簡単に外すほど余裕がないのだから

中継ぎに回すよりも先発で使い続けるべきなのでは?と思う。

先発に余裕があれば別だが・・・

という事でホームに戻って浮上のキッカケを

横浜戦で掴んでほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。