6日巨人対広島戦が東京ドームで行われ、

1対4で広島がエース前田健投手の好投で勝利し、

巨人は連勝ならず2位阪神が敗れたため首位陥落は間逃れた。

試合は巨人先発オビスポ、広島先発前田健投手の投げ合いで始まり、

2回に広島が7番石井選手のタイムリーで先制するが、

3回に巨人が2番松本選手のタイムリーで同点に追いつく。

しかし広島は6回に3番天谷選手の2ランで勝ち越しと、

4番嶋選手のホームランで3点をリードした広島が

前田健投手の8回まで1失点に抑える好投で勝利した。

これで巨人は連勝ならず首位陥落こそ間逃れたが抜け出す事に失敗した。
前回にお返しとばかりに完全に抑えられてしまった。

やはりリーグNO.1投手と言われる前田健投手が

相手だとリードを許してしまうと苦しい展開になってしまうし、

阪神との直接対決で勝ち越したからこそ広島戦の初戦は重要だった。

この試合においては6回の連続ホームランが

全てという試合だったけれど、

巨人のチャンスらしいチャンスが

3回と8回だけだったのはある意味仕方ないだろう。

しかし3連戦で勝ち越す事が最低条件だけに

2試合確り勝利して勝ち越したいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。