30日広島対巨人戦がマツダスタジアムで行われ

5対8で巨人が6回にエース前田健投手から一挙7点を奪って逆転勝利した。

試合は広島先発前田健投手、巨人先発藤井投手の投げ合いで始まり、

初回に広島が3番赤松選手のホームランで先制するが、

2回に巨人が6番阿部捕手のタイムリー2ベースで同点に追いつく、

しかし広島は3回に1番梵選手のタイムリーで勝ち越しに成功し、

5回に6番岩本選手のホームラン、

2番東出選手のタイムリーでリードを広げた。

しかし巨人は6回に前田健投手の乱れを突いて、

2点差とし代打エドガーの代打満塁ホームランで試合をひっくり返した。

その後巨人は継投リレーで逃げ切り巨人はエース前田健投手から逆転勝利した。

これで巨人は阪神とのゲーム差を維持した。
完全に負け試合をひっくり返した6回の攻撃は

原監督の勝負を掛けた采配が見事に実った形だ。

1点台の投手だから6回で勝負しないと

まずひっくり返す事ができない訳で

6回の代打攻勢はこの試合最後のチャンスだった。

それに応えた選手たちは本当に見事だった。

クルーンの離脱で当面抑えは決まらないけれど、

久保、越智、山口投手のリレーが今後増えてくるだろう。

とにかく阪神とのゲーム差はこれ以上離されたくないところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。