29日巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

2対3で中日が巨人に競り勝ち巨人はオールスター後

最初の3連戦を負け越した。

試合は巨人先発東野投手、中日先発ネルソンの投げ合いで始まり、

2回に中日が8番堂上直選手のタイムリーで先制すると、

6回には5番和田選手の2ランで3点リードする。

しかし巨人もその裏8番脇谷選手の2ランで1点差としたが、

その後中日投手陣に抑えられ、

最後は抑えの岩瀬投手が締めて巨人は中日戦負け越しとなった。

これで巨人はエース東野投手で落とし首位阪神とのゲーム差が1となった。
1番信頼できる投手の時に援護なくというのは

チームとして非常に痛い試合を落した。

この試合は巨人は東野投手で絶対勝たなければならない試合、

中日は完全に総力戦・・・

それを取れなければこのまま3位に転落してしまう

可能性も時間の問題という感じだ。

取れない試合まで取れとは言わないが、

チーム最多勝投手の時には確り勝ちを取るようにしなければならない。

次の広島戦で最低でも勝ち越しを目指して週間5割はキープしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。