27日巨人対中日戦が長野オリンピックスタジアムで行われ、

3対10で中日が5回の猛攻で巨人を振り切り、巨人は首位陥落した。

試合は巨人先発ゴンザレス、中日先発チェンの投げ合いで始まり、

2回に中日が7番谷繁捕手の内野ゴロの間に1点を先制するが、

その裏巨人は8番脇谷選手のタイムリー3ベース、

1番坂本選手のタイムリーで逆転に成功するが、

3回に中日は3番森野選手のタイムリー、

4番ブランコの内野ゴロの間に逆転に成功したが、

巨人もその裏6番阿部捕手のホームランで同点に追いついた。

しかし中日は5回に3番森野選手の2ランで勝ち越しに成功すると、

一挙4連打で5点を上げてゴンザレスをKOした。

7回にも巨人は2点を失いその後反撃できず

巨人は大差で敗れ首位陥落した。

これで巨人は長く守ってきた首位を阪神に明け渡し

セリーグは混戦模様となってきた。
オールスター後最初に試合となった訳だけれど、

先発陣についてはゴンザレスを無理して使わなければならないほど

先発がいないのか?という気持ちが強い。

先発として防御率5点台ではまだ今後伸びしろがある

若手投手を起用した方が良いのではないか?

と思ってしまうほどひどい内容だ。

防御率が悪くても勝っていればまだしもそうでない訳だから

そういう投手を使わなければならないほどなのか?という感じだ。

これだけ打ち込まれてしまうと投手力の良い中日相手では逆転は難しいし、

首位陥落もある意味必然だった。

ただここから確り踏ん張れるかどうか掛っているだけに

まず先発投手陣の立て直しと、

それぞれの役割を果たす事を重点的にしてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。