16日横浜対巨人戦が横浜スタジアムで行われ、

6対7で巨人が接戦を制して2連勝とし2ケタ被安打のワースト記録を止めた。

試合は横浜先発ブーチェック、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が7番由伸選手のタイムリーで1点を先制するが、

その裏横浜は6番スレッジのタイムリーで追いつく、

しかし3回に巨人は3番小笠原選手、

4番ラミレスのアベックホームランで2点リードしたが、

その裏横浜は3番内川選手の同点タイムリー6番スレッジの

逆転タイムリーで先発内海投手をKOした。

4回に巨人は7番由伸選手のタイムリーで同点を追いつき、

7回に巨人は4番ラミレスのホームランで勝ち越すが、

その裏またも横浜に3番内川選手の犠牲フライで同点に追いつかれたが、

8回に巨人は1番坂本選手のタイムリーで勝ち越した。

横浜はその裏7番藤田選手の内野ゴロの間に1点を返したが、

最後は抑えのクルーンが抑え巨人は苦しみながらも

接戦を制して2連勝とし2ケタ被安打のワースト記録を止めた。

これで巨人は乱打戦を制しオールスター前の6連戦の初戦を飾った。
先発投手陣が踏ん張れない試合が続いているけれど、

それを打線がカバーした。

打線こそ松本選手が戻ってきたことで得点力が上がったし、

5番まで固定できるようになった事で攻撃しやすくなった。

ただこと投手陣については先発が3回でKOされるようでは

リリーフ陣が苦しくなるのは当然で

この試合もベンチ入り投手8人中

先発東野投手を除くと7人中5人を投入している。

1試合に中継ぎ5人を投入しなければならない状態が続くのは異常だ。

先発は最低でも6回まで投げて試合を組み立ててほしいものだ。

それでも2ケタ被安打はこの試合で止まっただけに

その分中継ぎ陣が踏ん張ったという事は評価できるだろう。

オールスター前の試合全て勝利するつもりで戦ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。